お料理中に油がはねて洋服やエプロンについてしまったらどうすべき?

天ぷらを揚げているときなどにうっかり油がはねることがあります。やけどにも注意ですが、気になるのが油が衣類やエプロンなどにしみついてしまったときです。料理しているのだから、そのくらいしかたないとスルーしていませんか。

そのときは良くてもしばらくしてから、お気に入りのエプロンや料理中に着ていたお洋服に茶色いシミがたくさんついて落ちないと嘆くことになるかもしれません。

料理に使う油というのは、意外なほどにこびりついて取れないものです。その証として、食器洗い用の洗剤の宣伝には油汚れがすぐに落ちる、こびりつかないと盛んにアピールされています。

ということは裏を返せば落ちにくいということの現れです。大切な洋服やお気に入りのエプロンが洗濯しても、ボツボツと茶色いシミが残らないよう油断せずに対処しましょう。

気づいたときの応急措置

家族のための昼食や夕食づくりの際や、お料理教室などでの調理中に油がはねても、その場ですぐに洗濯というのは難しいものです。

外出先はもちろん、自宅でも家族がお腹を空かせて待っているのに洗濯するから待ってというわけにはいきません。油の飛び跳ねに気づいたら、その部分を台所にあるキッチンペーパーやティッシュなどを当ててオフしましょう。こすってしまうと油が広がってしまうので要注意です。

飛び散った部分だけをターゲットにキッチンペーパーなどを小さくして、吸着するような感覚で取り除いてください。この際、水に濡らした布や水濡れティッシュなどは使っても、あまり意味がありません。

水性の汚れなら水で濡らしたティッシュや布もおすすめですが、油性の汚れは水と油の関係ですからあまり効果がありません。むしろ、外出先での応急措置なら、メイク用ポーチに入っている油とり紙で吸着したほうがよく落ちるものです。

応急措置後の対処法

ひとまず余分な油を吸着し、広がりを抑えたあと、シミになった部分と改めて対応する必要があります。油汚れは水溶性の汚れ落としに強い洗濯では、確実な効果は期待できないため、洗濯機に入れる前に油汚れに強いアイテムを使ってシミ抜きにチャレンジしましょう。

油汚れに強いアイテムで、ご家庭にあるものといえば食器洗い用の中性洗剤か、メイク汚れを落とすためのクレンジングオイルです。

油汚れに強いと評判の食器洗い用洗剤なら、ほとんどのご家庭にあるでしょうし、周囲の方が協力してくれれば、料理教室でもその場で対応もできます。また、意外に役立つのがクレンジングオイルです。

油分を含むファンデーションや口紅をサッと落としてくれるクレンジングオイルも、油汚れを落とすには嬉しい味方になってくれるでしょう。

方法は、まず洗面器などにぬるま湯をはって、汚れた部分を中心にお湯になじませたところで、食器洗い用の洗剤やクレンジングオイルを優しくなじませて油汚れが浮いてくるのを待ちます。

この際、クレンジングオイルならお顔のメイク汚れを取る際のように、手で優しくクルクルとなじませるようにし、食器洗い用の洗剤の場合は歯ブラシを使ってこすらずに、トントンと叩くようにブラシを当てて落とすのがおすすめです。

思い切りブラッシングしてしまうと、生地を傷めるので気をつけましょう。

また、この際、水ではなく、ぬるま湯を使うのもポイントです。油は水では落ちにくいどころか、余計に冷えて固まってしまう性質があります。一方、熱湯では洗いにくいうえ、生地を傷めてしまうので、ぬるま湯を使うのが効果的です。

食器洗い用の洗剤やクレンジングオイルの油落とし成分と、ぬるま湯による油の溶け出しや浮き出しのサポートで油汚れを優しく浮き立たせて落とすことが期待できます。

困ったときのドライクリーニング

料理中に高価なスーツやワンピースなどで調理をする方は少ないと思いますが、ご家庭での洗濯が難しいような衣類に油がはねてしまった際や、油くらいと気にせず放置していたばかりに油のシミが取れなくなってしまった場合にはプロに相談しましょう。

お気に入りのエプロンをはじめ、飲食店のユニフォームやコック服などにこびりついた油汚れもきれいに落としてくれることが期待できます。ご家庭ではできないドライクリーニングという技術は、水を使わずにドライ工法で洗う技術です。

水を使わない代わりに石油系溶剤などの揮発性有機溶剤を使って、汚れを浮き立たせて落とす技術となっています。

水と油といいますが、水と油は相性が悪く、油汚れを水洗いしてもスムーズには落ちません。逆に油と油はなじみやすいので、油汚れには石油やパークロロエチレンなどを成分にした有機溶剤を使うことでスムーズに落とせるのです。

料理中に飛び跳ねてついた油汚れは、まずはティッシュオフしたあと、食器洗い用の洗剤やクレンジングオイルとぬるま湯を使って落としましょう。頑固な油汚れやシミになったら、ドライクリーニングがおすすめです。

関連記事

  1. 子ども服についた泥汚れの効果的な落とし方を伝授します

  2. コーヒー・ビール・ワインなどの飲み物じみは早急にクリーニングへ

  3. 洗濯機に入らない大物のカーペットやラグを自宅で洗うには

  4. ピザやナポリタンは美味しいけれどケチャップがついてヤバいと思ったときの対処法

  5. アイロンのかけ方次第で大きく変わる印象

  6. カーペットにマニキュアをこぼしたときはどうしたらいいのか

  7. これを知っていれば安心!紅茶のシミ抜きが家庭でもできます

  8. ありがちなジーンズにコーヒーをこぼした際の対処法

  9. お気に入りのスーツを長持ちさせる丸秘テクニック

  10. 焦らないように知っておきたい口紅のシミ抜き方法とは

  11. 油性マジックなどのインクのシミを除去するにはあのアイテムが効果を発揮!

  12. 衣類に黄ばみとなって残りやすい汗や血液をきれいにするには

  1. お料理中に油がはねて洋服やエプロンについてしまったらどうすべき?

    2019.11.20

  2. うっかりやってしまった油性マジックやボールペンのしみ抜きはでき…

    2019.11.06

  3. 自宅で行うスーツの正しい洗濯方法とは

    2019.10.23

  4. 汗かきの人必見の家でできるスーツの汗臭さ対策3選

    2019.10.09

  5. 東京都で各種調味料の汚れは宅配型クリーニング

    2019.10.07

  1. 自宅で行うスーツの正しい洗濯方法とは

    2019.10.23

  2. お気に入りのTシャツを長持ちさせるコツ

    2019.09.11

  3. 宅配クリーニング【リナビス】の口コミ・評価

    2019.02.18

  4. 『カジタク』の保管付宅配クリーニング の口コミ・評価

    2019.02.17

  5. 宅配クリーニング「せんたく便」の口コミ・評価

    2019.02.05