お気に入りのTシャツを長持ちさせるコツ

最近はTシャツといってもブランド品ともなると普通のTシャツだけで5,000円や1万円近くするものすらあります。
Tシャツはカジュアルに着られ、気軽に着ることができる衣類ではあるものの、やはり高額のものを1年でヨレヨレにしてしまうのはとても残念ですし、コスパも良くありません。

そこで、今回はお気に入りのTシャツをより長持ちさせてコスパを最強にする方法をご紹介いたします。洗濯の際にほんのひと手間を加えるだけでも、衣服の仕上がりに大きな違いが出てきますので、ぜひ試してみてください。

それぞれのTシャツの洗い方を守る

購入したTシャツにはほとんどのケースでTシャツの内側に洗濯表示のついたタグがついているものです。

この洗濯表示は侮れません。皆さんはこの表示を見てきちんと洗濯ができていますか?Tシャツはとても汚れやすいものですし、綿100パーセントなど、綿の成分が多い商品が多くを占めており、生地もしっかりしているイメージなので、きれいに汚れを落としたいと考えて洗濯機で普通洗いしてしまう方も多いものです。しかし、中には手洗いマークのものや、弱水流マークのものもあります。

綿の多い素材でも近年は、これらのマークが記されているケースもあるので、洗濯表示には忠実に合わせて洗濯をしましょう。

しかし、サラリーマンやOLの方、兼業主婦の方など日頃から忙しい方にとって、洗い桶を使って手洗いする時間もなく面倒だと思われる方も多いでしょう。
現在販売されている洗濯機には、ドライコースやおしゃれ着洗い、手洗いモードなど手洗いと同じような形で優しく洗えるモードですので、有効に使うと良いでしょう。

洗う前のひと手間も大切

Tシャツを洗うと、首がヨレヨレになってしまって、スチームアイロンで一生懸命伸ばして着るなんてことはありませんか?この手間は大変無駄な時間ですし、アイロンでヨレヨレになったものを完全に戻すのも至難の業です。

そこで、Tシャツを洗う前にあるひと手間を加えるとヨレヨレを予防できます。

その方法とは、輪ゴムでTシャツの首を縛ってとめておくというものです。

もちろんあまりきつくとめると、シワになってしまうのでとけない程度に緩めに留めておくと良いです。また、プリント部分が剥がれてしまうケースもあるTシャツですから、Tシャツは洗濯ネットに入れてから洗うことをおすすめします。

一緒に洗濯をしている他の衣類を傷めることもありません。

色落ちを防ぐ対策

Tシャツといえば色落ちが心配な方も多いでしょう。色落ちを防ぐには、裏返しにして洗うと良いです。
プリントが剥がれてしまうのを防ぐにも裏返しにしての洗濯は有効です。

裏返しにして、洗濯ネットに入れて洗濯すれば色落ちやプリントが剥がれることを防ぐことができます。

また、濃いめの色のTシャツですと、一緒に洗っている他の衣類の繊維やゴミが付着し、目立つこともありますので、裏返したうえでネットに入れて洗えば、ゴミの付着が目立つ心配もありません。

洗剤の選び方に注意しましょう

手洗いや弱水流の洗濯の場合は、おしゃれ着用中性洗剤を使えば良いですが、通常モードの洗濯には蛍光洗剤や無蛍光洗剤など種類があります。できれば、無蛍光洗剤を使用して洗いましょう。

蛍光剤自体には、繊維の色を白く見せる成分が含まれています。

これは色褪せにつながるので避けましょう。また、最近では汚れをしっかり落とすために漂白剤入りの洗剤もありますが、これも色落ちの原因にもなるため、蛍光剤や漂白剤の入っていない洗剤を選ぶと、色の持ちを良くさせることができます。

洗濯の干し方も注意

洗濯が終わったら、干す際もできれば、裏返したまま干したほうが良いです。
濃いめの色のTシャツは、直射日光に当たると色が褪せてしまうことも多いです。購入した色をずっと維持し続けるのも困難ではありますが、少しでも長持ちできるように裏返して干すようにすると、色褪せ、さらにはプリント部分が剥がれることも防げます。乾いたらなるべく早いうちに洗濯物を中に取り込むのも大切です。

長い時間直射日光に当てたままより、乾いたら取り込んでおいたほうが色褪せを大きく防ぐことができます。もちろん、直射日光で心配な方は部屋の中や日陰など陰干しもおすすめです。

しかし、その際は雑菌も繁殖しやすいので、除湿機や扇風機を回したり、窓を開けたりして換気すると乾きやすいでしょう。

いかがでしたか。
洗濯の洗い方、洗う前のひと手間、洗剤の選択、干し方に気をつけるだけで、大切なTシャツを長持ちさせることができます。
もちろんお気に入りのTシャツは大切なのであまり着用しないように気をつけているという方もいらっしゃるでしょうが、洗濯方法に気をつけるだけでも随分差がつきます。

せっかく購入したシャツならばどんどん着用したいものです。今回紹介した方法を一度お試しになって、大切に着用していきましょう。

関連記事

  1. プロのクリーニングにはこだわりの技術がある

  2. ご家庭での洗濯とクリーニングの方法は違います

  3. 頼みの綱のクリーニング店にシミ抜きを断られる理由とは

  4. 宅配クリーニングを大量に出すと高くなるのか?

  5. 布団の乾燥方法はいろいろあるけれどどこまで求めるか

  6. デリケートなリネン素材についたシミ抜き必殺技

  7. コートを長持ちさせるには何回洗濯をする?どのように手入れをする?

  8. 靴の臭いまでとれる臭いハラスメント対策にもなるクリーニングで消臭を

  9. 洋服や寝具のシミに悩んだら気軽に宅配クリーニングを

  10. 着っぱなしはNGの革ジャンにマストなメンテナンス

  11. ダウンの表面が虫に食われることがある?大切なダウンを虫食いから守ろう

  12. 涼しいけれどシワになりやすく傷みやすい麻ジャケットのお手入れ法とは

  1. うっかりやってしまった油性マジックやボールペンのしみ抜きはでき…

    2019.11.06

  2. 自宅で行うスーツの正しい洗濯方法とは

    2019.10.23

  3. 汗かきの人必見の家でできるスーツの汗臭さ対策3選

    2019.10.09

  4. 東京都で各種調味料の汚れは宅配型クリーニング

    2019.10.07

  5. 名古屋でプロが提供する衣類の保管サービス

    2019.10.05

  1. 自宅で行うスーツの正しい洗濯方法とは

    2019.10.23

  2. お気に入りのTシャツを長持ちさせるコツ

    2019.09.11

  3. 宅配クリーニング【リナビス】の口コミ・評価

    2019.02.18

  4. 『カジタク』の保管付宅配クリーニング の口コミ・評価

    2019.02.17

  5. 宅配クリーニング「せんたく便」の口コミ・評価

    2019.02.05