お気に入りジーンズを傷ませず長持ちさせる方法を紹介します

ジーンズは、カジュアルに履けるボトムであることから、日頃から頻繁に着用している方も多いものです。ただ、中にはブランドものの高価なジーンズもあることでしょう。

お気に入りのジーンズはできるだけ長く着用したいものですし、洗濯して色落ちするのも避けたいところではないでしょうか。ジーンズは気軽に履けるからこそ、どんなに高価なものでも汚れに対して気を遣いながら履くようなものではありません。

そのため、着用後は洗濯をする方がほとんどです。ヴィンテージを履いている方はあえて洗わないという選択をされている方も多いですが、汗や皮脂汚れなどが付着したままにしておくのはやはり不衛生です。洗濯しながらも長持ちさせるコツはあるのでしょうか。

ジーンズのボタンやファスナーを閉じる

お気に入りジーンズをできるだけ長持ちさせるにはポイントがいくつかあります。まず、洗う前準備として、ジーンズのボタンやファスナーは全て閉じてから洗うようにします。開いたまま洗濯をすると、型崩れの原因になってしまいます。

ネットに入れて洗う

ジーンズを洗う際は、ネットに入れて洗うようにしましょう。ジーンズは元々洗濯をするだけで色落ちしやすい衣類です。色落ちを抑えるためにはジーンズを裏返してから洗濯ネットに折りたたんで入れて洗うと良いです。

これによってジーンズの表面の傷みを守ることができるようになります。ただ、人によっては色落ちを楽しみたい方もいらっしゃるでしょう。その場合は、他の衣類に色が移らないよう注意しながら洗濯しましょう。

洗剤も色落ちしにくいものを選択

洗剤にはさまざまな種類があります。色落ちを避けたい場合は、洗うと衣類を白く見えるようにすることができる蛍光剤の使用は避けましょう。また、漂白剤が入っているものも色落ちの原因となりますから、使ってはいけません。

そのため、できればジーンズ専用の洗剤が販売されているので、専用洗剤を使うと色落ちしにくくなります。濃い色のジーンズは特に洗濯によって色ムラが発生し目立つことが多いので、専用洗剤の使用はおすすめです。もし専用洗剤がない場合は、中性洗剤でも良いでしょう。

洗う前のひと手間に塩

ジーンズに塩と聞いて驚く方も多いでしょう。塩は塩化ナトリウムですが、繊維に染料を定着させる作用があります。そのため、色を定着させるために洗濯前に洗濯桶にジーンズがかぶるくらいのぬるま湯に塩を混ぜたものに浸けておくと良いです。

この塩水に1時間ほど浸しておいてから洗濯を始めると、していないジーンズに比べて色落ちをグンと防ぐことができます。

酢を加える裏技

ジーンズに使われている染料は、インディゴです。これは、油分が多く含まれているため、アルカリ性の洗濯用洗剤は油分を落としやすい性質を持っていてどうしても色落ちにつながってしまうのです。

そこで前述の通り、ジーンズ専用洗剤や中性洗剤の使用をおすすめしたのですが、もしアルカリ性洗濯洗剤を使う場合は、酢を入れることによって酸性で中和をさせることができるので、塩に酢も加えて浸け置きしてから洗うと良いです。

ジーンズの干し方

ジーンズを干すときは裏返しのまま干しましょう。シワを伸ばして、風通しの良い場所でできれば陰干しをすることをおすすめします。直射日光は色落ちにもつながるため、できれば避けます。

乾きにくいのが心配な方も多いでしょう。中を広げながら乾かすことが可能なジーンズ用のハンガーも販売されていますので生乾きなどが心配な方はそちらを利用して、乾きやすくしましょう。

リジッドジーンズはファーストウォッシュを忘れずに

ジーンズにはワンウォッシュ加工してあるものとそうでないものがあります。ワンウォッシュ加工していないものは、糊がついたまま販売されているジーンズでリジッドジーンズと呼ばれるものです。

織機で織りやすくするためにこの糊付けを行っていますが、糊付けしたままの状態で履いてしまうとシワがハッキリと出やすくなってしまいます。そのため、最初にファーストウォッシュを行うようにします。

1時間から2時間浸け置き洗い

洗い桶に40度くらいのぬるま湯を入れてその中にジーンズを入れます。そのまま、1時間から2時間くらい浸け置きしておけば結構です。必ずしっかり全体を沈めてぬるま湯が行き届くようにします。

このときにある程度のインディゴ染料は落ちてしまいますので、その後の洗濯は他のものと洗わないように注意します。

糊をよく落とすために標準コースで洗う

洗い桶には黄味がかかった水が残っていますが、それが溶け出した糊です。
桶から取り出したら、糊をよりしっかり落とすために、洗濯機の標準コースで洗いましょう。このときは洗剤を入れずに必ず水洗いをして下さい。
洗濯槽にインディゴの汚れが残っていることもあるので洗濯槽を綺麗にしてから次のものを洗うなどしましょう。

ジーンズは、衣類の中でも特に色落ちを防ぐことが難しい衣類です。それでもなるべく色落ちを防ぎ、長持ちさせるためにはこのような工程を施して、大切に着用しましょう。そうすれば高価なジーンズも長く愛用できます。

宅配クリーニング【ネクシー】

スマホやPCを使ってネットから申し込める、保管クリーニング。標準で、ほつれ直し、破れ直し、手仕上げ、シミ抜き、毛玉取りのサービスが付いています。一段階上のプレミアムプランだと、返却した後にの事も兼ね備えた、防カビ、防ダニ、防臭、抗菌、不織布といったオプションを追加する事が可能です。

お洋服を預けてクローゼットがすっきり【リネット保管】

リネット保管は、最大8ヶ月保管・お預かりする、保管付きのネット宅配クリーニングです。ファッションを大切にするお客様の大切なアウター、デリケートなニット類のシーズンケアの為に、リネットが新開発した保管宅配クリーニング。料金は1点1,400円から。

クリーニングを「上質」で選ぼう│【送料無料】こだわり宅配クリーニング「プラスキューブ」

元アパレルデザイナーの店主が『きれい・安心・ 安全は当たり前。そこにアパレルのデザイナーとして経験した「デザイン性」とお客様への「真心」をプラスしたい』という思いを込めて作った宅配クリーニングです。今までのクリーニングで仕上がりに満足できなかった方に、是非お試し頂きたいです。

クリーニングの品質はもちろんの事、料金、送料、保管サービスの有無など口コミや評判を比較してあなたにピッタリの宅配クリーニング店をおすすめ致します!

関連記事

  1. コーヒー・ビール・ワインなどの飲み物じみは早急にクリーニングへ

  2. ワイシャツの襟汚れを落としてできるビジネスマンに見られよう!

  3. よくありがちな醤油のシミを落とすために知っておきたいポイント

  4. ピザやナポリタンは美味しいけれどケチャップがついてヤバいと思ったときの対処法

  5. ダウンにカビを発見してもすぐに捨てずに対応しよう

  6. かさばる羽毛布団を圧縮したいけれど本当のところはどうなのか

  7. カーペットにお漏らしされてしまったときの自宅で楽々対処法

  8. 涼しいけれどシワになりやすく傷みやすい麻ジャケットのお手入れ法とは

  9. ありがちなジーンズにコーヒーをこぼした際の対処法

  10. 衣替え前に要注意!ダニ対策をしっかりして仕舞おう

  11. 注意しても付いてしまうカラーリング剤のシミを落とす方法とは

  12. 高級な着物にシミがついてしまった際の応急対処法

  1. クリーニング代も高額なファー付きダウンコートもこれからは自宅で…

    2020.01.20

  2. 保管している間に型崩れしたダウンジャケットをふんわり戻す方法

    2020.01.06

  3. フード付きダウンコートは自宅でも洗えます

    2019.12.25

  4. ダウンジャケットにファンデーションがついてしまった時の対処法

    2019.12.11

  5. お料理中に油がはねて洋服やエプロンについてしまったらどうすべき?

    2019.11.20

  1. 保管している間に型崩れしたダウンジャケットをふんわり戻す方法

    2020.01.06

  2. フード付きダウンコートは自宅でも洗えます

    2019.12.25

  3. 自宅で行うスーツの正しい洗濯方法とは

    2019.10.23

  4. お気に入りのTシャツを長持ちさせるコツ

    2019.09.11

  5. 宅配クリーニング【リナビス】の口コミ・評価

    2019.02.18