ご家庭での洗濯とクリーニングの方法は違います

「ご家庭での洗濯が不可」と表示されているか、もしくは「手洗いなら可」というデリケートな素材や高級な衣類が汚れたら、皆さんはどうしていますか。

クリーニングを出すのが当然という方もいれば、クリーニングを出すのが面倒、費用を抑えたいと、どうにか自分で洗えないかと画策している方もいるかもしれません。

中にはスーツやコートだって布でできているのだから洗えるはずと手洗いし、クリーニング店で洗っているのだから、丁寧にやれば自分でも洗濯できるとチャレンジする方もいるかもしれません。
たらいでご自身が手洗いしたり、高性能洗濯機の手洗いモードを使用したりする方もいることでしょう。ですが、問題なのは洗った後です。

ビショビショに塗れた衣類を脱水にかけたら傷むからマズイと、手で絞って干したところ、シワシワになってしまったり、絞ると型崩れするからとそのまま干したりして、いつまでも乾かず、生乾き臭がついてしまったという失敗があるかもしれません。

ドライクリーニングは家庭ではできない


クリーニング店でも洗っているのだから家庭と同じと考えているのであれば、これは大きな間違いです。
ドライクリーニングの表示があるスーツやコートなどをクリーニング店に出した場合、水洗いはしていません。どうやって洗っているのと思われるでしょうが、これが家庭の洗濯機とは全く異なるドライクリーニングの技術なのです。

ドライクリーニングがどのような方法なのかご存じない方も多いと思いますが、ドライというのは乾燥させるといった意味ではなく、水を使わないことを意味しています

水の代わりに石油系溶剤やパークロロエチレンといった揮発性有機溶剤を用いて、汚れを落とす技術です。

油性の汚れを落とすのに優れているので、スーツなどに付着した皮脂汚れはもちろん、うっかりワンピースにつけた口紅やファンデーションの落ちない汚れ、コートなどに付着している排気ガスに含まれるタール成分の汚れをはじめ、インクや油を含む食品などの油性のシミを落としてくれます。

また、水洗いをしないので型崩れがしにくく、収縮が起きにくいので、スーツやジャケットなど水洗い不可のアイテムにはドライクリーニングがおすすめです。

温水仕上げで汚れがよく落ちるランドリー


ご家庭の洗濯とは異なる、2つ目の技術はランドリーです。
ランドリーは水洗いを意味しているので、ご家庭の洗濯機と似ています。

ただし、異なる点は温水を使うところです。ご家庭ではまだ温かいお風呂の残り湯を使ったり、人によってはヤカンで沸かしたお湯を投入したりと、ぬるま湯を使って洗おうと試みている方もいるかもしれません。

それは、冷たい水より、温かいお湯の方が汚れはよく落ちることを理解されているからだと思います。クリーニング店のランドリーでは汚れを落としやすく、かつ、熱湯とは異なり生地を傷めない温水を使って洗います。

ランドリーに適しているのはYシャツやブラウス、シーツなど、ご家庭で水洗いをしている種類のクリーニングです。
家庭にはない大型のドラム型専用洗たく機を用い、ご家庭向けとは異なるプロ仕様の専用洗剤やアルカリ性の助剤を加えて、適切な温度をかけながらじっくり洗うので、汗による襟元の黄ばみをはじめ、ワインやコーヒーなどの水溶性のシミを落とすことも可能です。

ウェットクリーニングはさらに高度


一部のクリーニング店や専門工場では、ウェットクリーニングという技術も用意されています。
ドライクリーニングに対する概念として、ウェットという言葉が用いられていますが、水洗いを行い、汗汚れをはじめとする水溶性の汚れを落とす技術です。

それは家庭の洗濯機と同じなのではと、単純に考えてはいけません。ウェットクリーニングを行う対象は、衣類の表示に水洗い不可と表示があるアイテムなのです。

本来は水を使わないドライクリーニングしかできないアイテムを水洗いする方法なので、大変高度な技術を必要とします。そのため、どのクリーニング店でもできるわけではありません。

ドライクリーニングは水を使わないため、水に馴染ませて除去する水溶性の汚れは落としにくいのが欠点です。
そこで、ドライクリーニングしかできないはずの衣類に汗汚れやワイン、コーヒー、血液などによるシミや汚れがついてしまった場合、ウェットクリーニングでとることが期待できます。

家庭では洗えないものもお任せ


皆さんは毛皮のコートや革ジャン、振袖やカーペットなどをご家庭で洗おうと思いますか。
さすがに、これらの高級品や扱いづらいアイテムは洗う気は起きないでしょう。こうした特殊な素材でも、クリーニング店の特殊クリーニングなら対応可能です。

ご家庭の洗濯機や手洗いとの大きな違いとして、クリーニング店では水を使わずに汚れを落とすドライクリーニングをはじめ、温水で洗うランドリー、水洗いできないはずのものを水洗いするウェットクリーニング、洗うことが難しいものまで対応できる特殊クリーニングをしてくれます。

関連記事

  1. コートを長持ちさせるには何回洗濯をする?どのように手入れをする?

  2. 宅配クリーニングが初めての方に安心できる基本知識をご紹介

  3. 布団の乾燥方法はいろいろあるけれどどこまで求めるか

  4. 来年の冬も着たいダウンコートを収納する前にしておきたいこと

  5. 頼みの綱のクリーニング店にシミ抜きを断られる理由とは

  6. 靴の臭いまでとれる臭いハラスメント対策にもなるクリーニングで消臭を

  7. 洋服や寝具のシミに悩んだら気軽に宅配クリーニングを

  8. クリーニングに出したはずの衣類に残る匂いに有効な対策とは

  9. ダウンの表面が虫に食われることがある?大切なダウンを虫食いから守ろう

  10. 涼しいけれどシワになりやすく傷みやすい麻ジャケットのお手入れ法とは

  11. 宅配クリーニングを大量に出すと高くなるのか?

  12. 着っぱなしはNGの革ジャンにマストなメンテナンス