クリーニング代も高額なファー付きダウンコートもこれからは自宅で洗おう

ダウンコートは、クリーニングに出す方も多いものの、衣類におけるクリーニングのジャンルの中でも高くついてしまいます。特にファー付きとなるとファー部分に別途料金がかかるなど高額です。近年は異常気象もあって寒い年はとことん寒く、ダウンコートを手放せないときもあります。ダウンコート自体も様々なメーカーから販売され、もちろん高額なものから、最近はリーズナブルで誰でも手が届くようなダウンコートも多く販売されています。

しかし、せっかくリーズナブルに購入できても毎年のクリーニングが高く付くともったいないと思いませんか。そんなあなたに自宅でできる洗濯方法をお教えます。

まずチェックすべきはタグの洗濯表示マーク

まず、ダウンコートを自宅で洗えるか洗えないかを洗濯表示のタグを見て判断しましょう。手洗い可のマークが付いていれば、それはクリーニングに出さずに洗濯することができます。

一方、手洗いもできない場合は、必ずクリーニングに出すようにしましょう。むりに手洗いをすると、型崩れするどころか機能性も落ちてしまいます。洗濯する際には、温度の表示も見て気をつけましょう。温度を規定以上の水温で洗うと縮んでしまったり、傷んでしまったりする原因となります。

汚れをチェックするべし

寒い地域にお住いの方はダウンコートをかなりハードな使い方で着用しているケースも多いです。雪にさらしたり、毎日のように着用したりするなどです。そのため襟や袖口を始めとして、かなり汚れている部分がどこかにあるはずです。

そういった場合、まず汚れの部分から対処しましょう。洗面器に水を入れてその中におしゃれ着用洗剤を加えます。この洗剤液を柔らかめのスポンジにつけて、汚れの部分を叩くようにして取り除いてください。

食べ物のシミなどは油汚れなので、台所用洗剤を少し馴染ませるか、酸素系漂白剤を少し付けると良いでしょう。

形を整えてコートが傷まないようにする

汚れを取り除けたら、今度は全体を洗います。
その前に一つやっておきたいことが、ダウンコートの形を整えてから洗うということです。ファスナーやボタンをすべて閉じて、折りたたみましょう。ファスナーやボタン全開のまま洗うと、洗っているうちにファスナーなどで生地を傷めてしまう可能性があります。

洗濯槽を使って手洗いしよう

ダウンコートは洗面器で押し洗いできるようなサイズではありません。そのため、洗濯槽を洗面器代わりに使うと便利です。洗濯槽に水を張って、おしゃれ着用洗剤を入れて混ぜます。水30リットルに対して40mlくらいの量を混ぜます。

その後、折りたたんだダウンコートを入れて上下に押し洗いをします。この時は必ずもみ洗いではなく、両手のひらを使って優しく上下に押し洗いしましょう。

すすぎを短時間で行う

洗濯槽での手洗いを終えたら、洗濯機のドライコースで30秒ほど脱水をかけてください。それからまた水を入れて、先程と同様、すすぎ洗いとしてダウンコートを両手のひらで優しく上下してすすぎます。30回くらい上下に押し洗いの動作ですすぎ終えたら、今度はまた脱水を30秒かけます。

このすすぎを2回繰り返しましょう。脱水の際に、どうしても途中でストップしてしまうケースもあります。この時は、洗濯槽の脱水はやめて、バケツや大きめの洗いおけがなかったら、洗面ボウルをキレイに掃除してから洗面ボウルの中に手でダウンコートを押し丸めながら脱水しましょう。その後はタオルドライさせてなるべく水分を抜くようにします。

乾かす際にはひと手間を加えて偏りをなくす

脱水が終わったらすぐに、型崩れを防ぐためにダウンコートを取り出します。そして中の羽毛が一部分に偏らないように、ダウンコートのショルダー部分を持って軽く振ります。

羽毛が偏らないよう、万遍なく広げるようなイメージで振り払います。その後、陰干しでじっくり乾かします。乾かしている途中で、中の羽毛を両手のひらに挟んでほぐす作業もこまめにしましょう。

ファー部分の洗い方

リアルファーはできるだけ洗わないほうが無難ですが、どうしても自宅で洗いたいという方はフェイクファー同様に洗うと良いでしょう。ただし、リアルファーの場合は失敗しても自己責任で行うようにします。基本的に、ファーは、髪の毛を洗うように洗濯すると良いです。

つまり、シャンプーとコンディショナーでファーを洗います。まず、シャンプーを入れたぬるま湯にファーを入れて優しく揺らすようなイメージで洗います。その後、キレイなぬるま湯に入れ替えてまた揺らしながらすすぎを軽く行います。すすぎ終えたら今度はコンディショナーの出番です。

コンディショナーを入れたぬるま湯に2, 3分ほど浸け置きして、後はまたキレイなぬるま湯ですすぎ洗いしましょう。その後ネットに入れて洗濯機で脱水を1分ほど行います。

脱水が終わったら、髪の毛を乾かすようにドライヤーで軽く水気を飛ばして、陰干しをします。完全に乾いてきたら、洋服用ブラシでブラッシングすれば元通りのフワフワファーに変身です。


いかがですか。クリーニングに出せば時間がかかるものを手洗いでも数日でキレイに洗うことができます。少し手間はかかりますが、高額なクリーニング代金のことを考えれば随分とコスパは優れています。リーズナブルな価格のダウンコートなら、これからは自宅洗いでクリーニング代を浮かせましょう。

宅配クリーニング【ネクシー】

スマホやPCを使ってネットから申し込める、保管クリーニング。標準で、ほつれ直し、破れ直し、手仕上げ、シミ抜き、毛玉取りのサービスが付いています。一段階上のプレミアムプランだと、返却した後にの事も兼ね備えた、防カビ、防ダニ、防臭、抗菌、不織布といったオプションを追加する事が可能です。

お洋服を預けてクローゼットがすっきり【リネット保管】

リネット保管は、最大8ヶ月保管・お預かりする、保管付きのネット宅配クリーニングです。ファッションを大切にするお客様の大切なアウター、デリケートなニット類のシーズンケアの為に、リネットが新開発した保管宅配クリーニング。料金は1点1,400円から。

クリーニングを「上質」で選ぼう│【送料無料】こだわり宅配クリーニング「プラスキューブ」

元アパレルデザイナーの店主が『きれい・安心・ 安全は当たり前。そこにアパレルのデザイナーとして経験した「デザイン性」とお客様への「真心」をプラスしたい』という思いを込めて作った宅配クリーニングです。今までのクリーニングで仕上がりに満足できなかった方に、是非お試し頂きたいです。

クリーニングの品質はもちろんの事、料金、送料、保管サービスの有無など口コミや評判を比較してあなたにピッタリの宅配クリーニング店をおすすめ致します!

関連記事

  1. コートを長持ちさせるには何回洗濯をする?どのように手入れをする?

  2. 意外に落ちにくい肉汁のシミを抜くにはどうすれば良い?

  3. ダウンジャケットとコートの自宅ケアとプロのクリーニング

  4. ダウンの表面が虫に食われることがある?大切なダウンを虫食いから守ろう

  5. ダウンコートのクリーニングは必要ないかも

  6. かさばる羽毛布団を圧縮したいけれど本当のところはどうなのか

  7. ファーが付いたダウンコートを長持ちさせるにはどうすれば良い?

  8. 子ども服についた泥汚れの効果的な落とし方を伝授します

  9. 油性マジックなどのインクのシミを除去するにはあのアイテムが効果を発揮!

  10. 衣類の置き場所に困ったら無料で保管してくれる宅配クリーニング

  11. 汚れが目立たない色でも注意したい汚れている個所とは

  12. カーペットにマニキュアをこぼしたときはどうしたらいいのか

  1. クリーニング代も高額なファー付きダウンコートもこれからは自宅で…

    2020.01.20

  2. 保管している間に型崩れしたダウンジャケットをふんわり戻す方法

    2020.01.06

  3. フード付きダウンコートは自宅でも洗えます

    2019.12.25

  4. ダウンジャケットにファンデーションがついてしまった時の対処法

    2019.12.11

  5. お料理中に油がはねて洋服やエプロンについてしまったらどうすべき?

    2019.11.20

  1. 保管している間に型崩れしたダウンジャケットをふんわり戻す方法

    2020.01.06

  2. フード付きダウンコートは自宅でも洗えます

    2019.12.25

  3. 自宅で行うスーツの正しい洗濯方法とは

    2019.10.23

  4. お気に入りのTシャツを長持ちさせるコツ

    2019.09.11

  5. 宅配クリーニング【リナビス】の口コミ・評価

    2019.02.18