使える小技

シーツや毛布などの寝具に血液がついてしまったときの落とし方

女性の場合、どんなに気を付けていても、就寝中に月経の血液が漏れてしまうという経験があるのではないでしょうか。家族に見られないように対応したりと気を遣う方もいるでしょうし、一人暮らしであっても、なんてことだとショックを受けるものです。血液というと色合い的にも落ちなそうな印象で、直ぐに固まってどす黒い色に変色していくため、夜中に漏れて朝起きたときに気付くと、落ちなさそうとショックを受ける方が少なくないのです。また、寝ているときにお子様が急に鼻血を出して枕カバーやシーツ、布団カバーなどが汚れてしまうことや、アトピーのお子様などが痒みを我慢できずにかきむしり、シーツやタオルケット、毛布などに血液が付いてしまうこともあります。こうした血液が付いた寝具はどのように洗えば、キレイな状態に戻せるのでしょうか。

焦らず対処したい水溶性のシミ

血液は真っ赤な色合いや時間が経過した際のどす黒く変わる色のイメージや、血という言葉の響きや印象から付いたら落ちなさそうと落胆する方が少なくありません。ですが、血液は水溶性のシミの1種であるため、基本的には水洗いで落とせるものです。ついたばかりなら、水で洗い流し、少し揉むだけでも血液が布から滴り落ちます。少し時間が経過している場合には、たらいなどに水をはり、汚れた部分を中心に1時間ほど水に浸けておきましょう。
少しずつ血液が分解されて解け出てきます。この際、お湯を使いたくなるところですが、ぬるま湯などは固まりやすい血液を溶けやすくする反面、浸け洗いしていると他の部分に血液のシミが移ってしまう場合があるのでおすすめできません。焦らず、ゆっくり水に浸水させて溶け出すのを待つのが基本のスタンスです。

落ちにくい場合に役立つアイテム

水に浸けてもなかなか落ちない、すっきり落とせず、輪のように残っているという場合には浸け水に重曹を混ぜると落ちがよくなります。
掃除用、洗濯用といった重曹でいいので手持ちのものがあれば、活用してみましょう。ない場合にも100円ショップで購入することができます。シミ抜きのためにわざわざあまり使う機会のない重曹を買いたくないといった場合には、食器洗い用洗剤や石鹸を塗布して歯ブラシで軽くたたくように洗うなどするのも1つの方法です。

漂白剤の活用

シーツや枕カバー、布団カバーなど、寝具は白い色のものをお使いの方も多いかもしれません。真っ白い布地に血液がついた場合には、漂白剤を使うことで血液の分解ができます。まずは冷たい水で落とせるところまで血液を落としてから、お手持ちの漂白剤の使用方法に従って漂白剤をかけてみましょう。色柄物や高級な寝具は、ご家庭での漂白は避けたほうがいいかもしれません。

仕上げは洗濯機で

水への浸け置きや重曹などの利用、漂白剤による部分洗いにしても、最後の仕上げは洗濯機で丸洗いが原則です。シーツや枕カバー、取り外せる布団カバーなどはこの方法でほぼ完了でき、あとは干してキレイになるのを待つだけです。もっとも、布団や毛布などご家庭の洗濯機に入らないものや洗えないものはどうしたらいいでしょうか。丸洗いできない場合をはじめ、色々試してみても落ちなかった頑固な血液汚れについてもプロに相談するのがおすすめです。

恥ずかしいと思わず気軽に相談を

女性の場合、血液汚れが落ちなくなったシーツや布団などを、クリーニングに出すのは恥ずかしいと思う方もいるかもしれません。ですが、相手はプロであり、接客にも慣れています。あなたは初めての経験でも、多くの方が月経で落ちなくなったシーツや衣類を出しているので、変に勘繰られたりもしませんし、余計なことを聞かれることもありません。いちいち、夜寝ていて漏れてしまったなどと言わなくても、血が付いてしまったと相談すれば良いだけです。さらに今の時代は嬉しいことに宅配クリーニングというサービスもあります。非対面で依頼ができるので、来店やスタッフによる直接の引取りサービスでは出すのが恥ずかしいという方も安心です。会うことはない相手ですので、恥ずかしいという方も気軽に相談でき、思い切り月経で血が付いてしまったとメールで相談したり、依頼する方も少なくありません。非対面であっても丁寧に対応してもらえますから、気軽に依頼してみましょう。特に説明せず、血液のシミを落としてほしいという依頼をする場合、シミが付いている場所をメモやネットの予約ページで指示しておくとスムーズです。


寝具に付いた血液汚れは落ちにくそうに思えますが、基本的には水溶性のシミなので水の浸け置き洗いが基本です。落ちにくい場合は重曹を入れたり、食器洗い用洗剤などを使いましょう。白い寝具なら漂白剤を使うことも可能です。家庭では落とせなったシミや布団など家庭では洗えない場合は、プロに相談しましょう。

関連記事

  1. 水や雨もシミの原因になる水シミの有効な対策方法

  2. ダウンジャケットを長持ちさせながら清潔に保つ方法とは

  3. アイロンのかけ方次第で大きく変わる印象

  4. ダウンにカビを発見してもすぐに捨てずに対応しよう

  5. コーヒー・ビール・ワインなどの飲み物じみは早急にクリーニングへ

  6. ワイシャツの襟汚れを落としてできるビジネスマンに見られよう!

おすすめピックアップ

  1. ダウンジャケット・ダウンコート

  2. ダウンジャケット・ダウンコート

  3. 使える小技

  4. 使える小技

  5. 保管クリーニング

新着情報

PAGE TOP

クリーニングについて

来年の冬も着たいダウンコートを収納する前にしておきたいこと

使える小技

アイロンのかけ方次第で大きく変わる印象

クリーニングについて

クリーニング店によって料金が異なるのはなぜ?

クリーニングについて

洋服や寝具のシミに悩んだら気軽に宅配クリーニングを

保管クリーニング

赤ちゃんのおねしょ布団は宅配クリーニング業者に任せましょう

使える小技

これを知っていれば安心!紅茶のシミ抜きが家庭でもできます

ダウンジャケット・ダウンコート

ダウンコートのクリーニングは必要ないかも

ダウンジャケット・ダウンコート

家庭で洗えるダウンジャケットが増えてきたからこそ知っておきたい

使える小技

ワイシャツの襟汚れを落としてできるビジネスマンに見られよう!

使える小技

よくありがちな醤油のシミを落とすために知っておきたいポイント