ダウンにカビを発見してもすぐに捨てずに対応しよう

お気に入りのダウンジャケットを着る時期が来たと洋服ダンスから取り出してみたら、カビているのを見つけてしまってびっくり仰天という人は、実は意外と少なくないのです。

カビは汚れや湿気が原因で発生することはたいていの人が知っていますが、なぜダウンジャケットがカビてしまったのだろうと不思議に思う人は多いでしょう。

そうした人のほとんどが、昨シーズンの終わりにちゃんとクリーニングに出し、きれいにして片づけているからです。ただ、たったひとつだけ大事な要素を知らないでいると、来シーズンになって取り出してみてカビに大慌てということになりますので、ぜひダウンジャケット愛用者は知っておきたい知識です。

ダウンにカビが発生した原因


しっかりクリーニングしたから汚れはなかったはずなのにということであれば、考えられるのは湿気です。実際、ダウンにカビが生える原因の大半は湿気によるもので、しかもその湿気を生み出したのはクリーニングなのです。

クリーニングが原因でカビが生えると知ったら、もうクリーニングには出さないと思ってしまうかもしれませんが、ここでちょっと冷静になる必要があります。
カビが生えたのは、クリーニングに出したことが原因ではなく、クリーニングから上がってきたダウンの取扱いに問題があったからです。

クリーニング店にではなく、受け取った自分側にカビを発生させることになる何らかの理由があったわけですが、それはクリーニング店から戻ってきたときに掛けられているカバーです。
ワンシーズンは洋服ダンスにしまい込むことになるダウンジャケットですので、埃が付着するのを避けるためにクリーニング店が掛けてきてくれたカバーを掛けた状態のまま、洋服ダンスへ直行という人は多いでしょう。

これがカビが生える一番の原因です。湿気や汚れがカビの原因と先に述べましたが、クリーニング店が汚れはきれいに落としてくれているので、湿気が原因でカビたことになります。それは、湿気を逃がすことができないビニールのカバーに覆われていたからです。

クリーニングに出したダウンジャケットが戻ってきたら


ダウンジャケットがクリーニングから戻ってきたら、まずはビニール袋を取り外し、風に当ててしっかりと湿気を取り除きます。
しっかり湿気が抜けたら、再びクリーニング店が掛けてくれた袋を掛けるのではなく、専用の衣装カバーを掛けるようにしましょう。ダウンジャケットに向いているのは、ビニールを使っていない全体が不織布のような素材でできたジャケットカバーです。

コートであれば、全体がすっぽり覆われますし、ジッパーで完全に覆ってどこからも埃や虫などが侵入しないようにできます。
とはいえ、不織布タイプだと風は通りますので、湿気もほどよく逃がしてくれて、クリーニング店のビニール袋に入れたまま吊るしておいたときに発生するようなカビが生えるということはありません。

ちなみに、ダウンでなくても同じようにしておくとカビが生えますので、必ず替えるのが鉄則です。

カビてしまったダウンはどうしたらいいのか


今後の対策はわかったものの、今、現在カビてしまったダウンはもうおしゃかにするしかないのかというと、対策方法はあります。もし、丸ごと洗濯機で水洗いできるタイプであれば、思い切って洗ってしまいましょう。

まずはブラシで表面に付いたカビを落としてから、中性洗剤をぬるま湯に入れ、優しく押し洗いします。このとき、洗濯機の中で洗うとすすぎと軽い脱水が簡単にできるのでおすすめです。
これでカビは落ちますので、風のある日に風通しの良い場所でダウンジャケットを広げ、中のダウンを優しくもみほぐすようにして風を通します。

完全に中のダウンを乾かさないと、今度はダウンがカビてしまうことになりますので、数日間掛けて風を通すくらいの気持ちで取り組むといいでしょう。
夜間は霜が降りる時期となると、せっかく干しておいたのがまた湿ってしまいますので、その場合は部屋の中に入れ、サーキュレーターなどで風を当てるのがおすすめです。

くれぐれも、ファンヒーターの熱い温風や、こたつの中に入れて乾かすといったことはやめましょう。
自宅で洗えないドライ表示の洗濯タグが付いている場合には、仕方がありませんので再度、クリーニング店に持ち込みましょう。できればダウンのクリーニングを得意としている店に持ち込むのがおすすめです。
クリーニングが上がってきてそのままにしていたからといえばいいでしょう。

ダウンにカビが生えているのを見つけたら、誰もがちょっとしたパニック状態に陥ってしまうでしょうが、対処方法はありますので、まずは落ち着くことが大事です。まずは自分にできる方法を試していき、最終的に何をやってもダメならクリーニング店に持ち込んでやり直せばいいと知っていれば、大慌てで処分してしまうということを回避できます。

関連記事

  1. シーツや毛布などの寝具に血液がついてしまったときの落とし方

  2. なかなか洗えないカーペットの皮脂汚れはこのお掃除方法で一掃しよう

  3. 注意しても付いてしまうカラーリング剤のシミを落とす方法とは

  4. お気に入りジーンズを傷ませず長持ちさせる方法を紹介します

  5. お気に入りのスーツを長持ちさせる丸秘テクニック

  6. コーヒー・ビール・ワインなどの飲み物じみは早急にクリーニングへ

  7. ダウンジャケットとコートの自宅ケアとプロのクリーニング

  8. 冬場に活躍したダウンジャケットはどうやって保管しておくのが適切?

  9. 来年の冬も着たいダウンコートを収納する前にしておきたいこと

  10. かさばる羽毛布団を圧縮したいけれど本当のところはどうなのか

  11. 靴下の寿命が洗濯の方法で変わるとしたら

  12. 布団の乾燥方法はいろいろあるけれどどこまで求めるか

  1. 大阪で季節物の衣類は宅配クリーニングから保管までお任せがおすすめ

    2019.09.20

  2. 東京都の宅配クリーニングでダニ退治

    2019.09.17

  3. 神奈川県で宅配クリーニングを利用して物持ちを良くしよう

    2019.09.14

  4. お気に入りのTシャツを長持ちさせるコツ

    2019.09.11

  5. 東京都で思わぬ飛び跳ねや食べこぼしでシミが付いたときは急いでク…

    2019.09.09

  1. お気に入りのTシャツを長持ちさせるコツ

    2019.09.11

  2. 宅配クリーニング【リナビス】の口コミ・評価

    2019.02.18

  3. 『カジタク』の保管付宅配クリーニング の口コミ・評価

    2019.02.17

  4. 宅配クリーニング「せんたく便」の口コミ・評価

    2019.02.05

  5. 宅配クリーニング【ネクシー】の口コミ・評価

    2019.02.05