ビジネスマンの必需品スーツやYシャツにネクタイの汚れはクリーニングにお任せ

ビジネスマンの勝負服であり、毎日の仕事着としてマストなスーツやネクタイはご自宅では洗うのが難しいものの代表アイテムです。

また、Yシャツは洗濯はできますが、シワシワになりやすく、アイロンを上手くかけるための技術が問われます。
奥様には任せられず、ご自身でアイロンかけをするという方もあれば、Yシャツもクリーニングがマストという方もいることでしょう。

一人暮らしの方の多くは、Yシャツは1週間分まとめて宅配クリーニングを利用したり、1週間のYシャツを確保するために週に2回と頻繁にクリーニングを利用したりする方も増えています。
ご家庭でのお洗濯やアイロンがけと異なり、プロにお任せすれば、ビシッと新品のようになって戻ってきますから気持ちも良く、毎日の仕事も心を引き締めてのぞめることでしょう。

スーツやネクタイとYシャツは技術が異なる


ビジネスの必須アイテムはすべてプロのクリーニングがベストと、スーツやネクタイ、Yシャツとまとめて出している方も多いことでしょう。

同じタイミングできれいになって戻ってくるので、ご存知ない方も多いかもしれませんが、スーツやネクタイとYシャツではクリーニング法が異なっているのをご存知でしょうか。

型崩れのリスクがあり、水洗いに適さないスーツやネクタイは水を使わないドライクリーニングという方法で、ご家庭でもお洗濯ができるYシャツの場合は水を使って洗うランドリーという方法を使うのが一般的です。

型崩れを防ぎたいスーツやネクタイのクリーニングには


スーツやネクタイをはじめ、コートやジャケットなどの高価品については、ドライクリーニングが基本となります。

生地が収縮してしまう水洗いはせず、石油系溶剤やパークロロエチレンといった揮発性有機溶剤を用いて、衣類についた汚れを落とす技法です。

皮脂汚れをはじめ、車の排気ガスなどに含まれるタール系の油性の汚れなどをしっかり落とせるので、スーツやネクタイなどアウターとして外気に触れるものの汚れ落としに適しています。
また、水洗いをしないため、型崩れや収縮のリスクが小さく、アイテムの形状をしっかり保ったままきれいにできるのが魅力です。

汗や皮脂汚れがついた毎日着るYシャツを低コストでクリーニング


これに対して、Yシャツの場合は水への耐久性がある素材を使っており、クリーニングでも水洗いのお洗濯が基本です

洗濯をしたあとにプロの技術で力強く、かつ繊細に1つ1つアイロンがけをしてくれるので、素人にはできない仕上がりが期待できます。

もっとも、クリーニング店でのYシャツの水洗いは実は水ではなく温水を使っています。ランドリーという方法は大型のドラム型専用洗濯機を用いて専用洗剤やアルカリ助剤を加え、温度をかけながら温水洗浄をする方法です。

汚れは冷たい水よりもぬるま湯のほうが良く落ちるので、温水を使うことで、より白さが際立つYシャツへと蘇るのです。大型ドラム型の洗濯機を用いることで一度に大量のまとめ洗いもできるため、低コストでのクリーニングが可能となっているのもメリットです。

これによりYシャツのクリーニングも気軽に出せ、ご家庭で洗い、干し、取り込む手間とアイロンがけの手間を省いたうえで、ビシッとプロの仕上がりを手に入れることができます。

水洗いできないスーツやネクタイの汗シミやワインやコーヒーのシミを落とすには


飲み会の席や接待の席でコーヒーやワインなどをスーツにこぼして色のシミがついてしまったらどうしますか。ご自身では対応が難しいので、まずはクリーニング店に相談するのが賢明です。
状態によってはドライクリーニングでも落とせますが、時間が経過し落ちにくい状態になった水溶性のシミの場合にはウェットクリーニングができるお店だと期待が持てます。

ウェットクリーニングとはドライクリーニングしかできないスーツやネクタイを、水洗いしてしまうという高度な技法です。
コーヒーやワインなどの水溶性のシミには水洗いが適していますが、本来水洗いがNGなスーツやネクタイでも洗うことを可能にした、高度なクリーニング技術です。
近年ではウェットクリーニングを推奨するメンズスーツが販売されるなど、メーカーもクリーニングのプロの技術に信頼を寄せています。

プロによるアイロンがけでビシッと決まる


クリーニングで汚れを落としたあとも、プロの技は違います。
スーツのジャケットの仕上げは人体型の仕上げ機をはじめ、専用のアイロン台を使って、肩や襟などの細かい部分にていねいにアイロンをかけて、立体的に仕上げてくれます。
スチームやバキュームできる専用のアイロン台と手仕上げによって、スーツ特有の立体的で美しいシルエットを蘇らせてくれるのです。

ビジネスマンのマストアイテムであるスーツやYシャツ、ネクタイはクリーニングによるプロの仕上げが選ばれています。
ドライクリーニングやランドリー、ウェットクリーニングの技術ときめ細やかなアイロン技術を駆使して、美しいシルエットに仕上げてくれます。

関連記事

  1. 大事なスーツは宅配クリーニング業者にクリーニングをお願いしましょう

  2. 黄ばみにつながる夏の汗シミの有効対策

  3. 涼しいけれどシワになりやすく傷みやすい麻ジャケットのお手入れ法とは

  4. スーツがテカるのは何故?テカりをセルフケアするには?

  5. 汗で汚れたスーツは水洗いがおすすめです