ワイシャツの襟汚れを落としてできるビジネスマンに見られよう!

ほとんどの社会人の方にとってスーツはいつも着ているものです。大体の人はスーツを定期的にクリーニング店に持って行って洗ってもらっているでしょう。ただ、ワイシャツに関しては普段から自分で洗っているという人が多いのではないでしょうか。

ワイシャツは白いものを着るように定めている会社が多いでしょうし、汚れが目立ってしまっては取引相手の印象も悪くなってしまいますから、いつも綺麗なものを着ておきたいものです。しかし、普段からワイシャツを着ている皆さんにとって悩みの種と言える問題があります。

それは襟汚れです。襟汚れは普段から頻繁に洗濯していてもなぜか浮きたってきて、いつのまにか定着してしまいなかなか落ちないものとなります。何をやっても汚れが落ちないのならば棄ててしまって買い替えようか、と考える人も多いでしょうが、ワイシャツも決して安いものではありませんから頻繁に買い替えるようでは懐に響きます。

それならば襟汚れを落とす方法をしっかりと学んでおいた方が経済的と言えるでしょう。今回は襟汚れの原因が何なのか、それを落とすにはどうすればいいのかを教えていきます。

襟汚れの原因は何?


ワイシャツの襟は首元を覆うためにあるものです。そこから大半の人は汗のせいで襟が汚れてしまい、段々と黄ばんでいくのだろう、と推測されるでしょう。それでもあながち間違ってはいません。

しかしそれ以上に、人間から出る皮脂が原因となって襟汚れは起きてしまうのです。
皮脂は基本的に人間にとっては欠かせないもので、肌を乾燥から守ったりしてくれます。一方でこの皮脂は油と同じ性質を持っていますから、水には溶けにくいものです。それゆえ一度衣類などについてしまうとなかなか落ちず、繊維にこびりついてしまって黄ばみなどの原因となってしまうのです。

また、洗濯は基本的に冷水によって行われますが、これもまた皮脂が落ちない原因の一つとして挙げられます。皮脂は高温の水によってしか分解されないので、定期的に洗濯していても冷たい水で行っていてはしつこい汚れは落ちないのです。

洗濯用洗剤は使わない!?


汚れの原因はおおよそつかめてきました。では普段の洗濯を高い温度のお湯を使うことによって行えばいいのか、と言えばそうとは限りません。お湯はあくまでも皮脂を分解するために用いるものであって、汚れ自体を繊維から落とす効果はないのです。

では洗濯用洗剤を使えばいいのか、というと、実は違います。市販されている洗濯用洗剤の中には油汚れを落とすための成分を含んでいないものがあり、いくら使っても意味がないことがあります。
ではどうすればいいかと言うと、食器用洗剤を使うのがコツです。食器用洗剤ならば油汚れを落とすための成分を含んでいるものが大半のため、皮脂も分解しやすくなります。まずは洗面器などに熱いお湯を入れましょう。

続いてそこに食器用洗剤を入れ込み、ワイシャツの襟の部分だけを付けてください。
そして時間を置くことで皮脂の汚れを浮き立たせやすくします。次に本格的に汚れを落としていく段階に入るのですが、この際普通に洗濯するように襟をこすり合わせてはいけません。
なぜかというと、せっかく落ちかけた皮脂が繊維の別の個所にこびりついてしまいかねないからです。汚れを落とす際には歯ブラシを使いましょう。

歯ブラシならば繊維の細かいところにまで行きわたることができるので、奥深くまでこびりついた皮脂も落とすことができます。汚れをあらかた落とし終えたら、すすいで洗剤を洗い落とし、乾燥させて終了です。

他に使える洗剤は?


普段から使っている食器の油汚れがなかなか取れないこともあるように、襟汚れについても食器用洗剤では落ちなかった、ということは十分あり得るでしょう。
特に黄ばみを通り越して黒ずんでしまった汚れなどについては多少のことではなかなか落とすことができません。そこでもう一つ紹介したいのは重曹とクエン酸を使う方法です。

よくトイレの黄ばみを落とす方法として重曹とクエン酸を混ぜ合わせ、発泡させることによって汚れを浮き立たせるというものがありますが、あれも襟汚れに応用することができます。

重曹を水で溶かし襟にまぶしていきますが、この際もあくまで高温のお湯を使うようにしましょう。そしてそこにクエン酸を水で混ぜたスプレーを振りかければ、泡が出てきます。

普段からワイシャツを洗濯していても、ちょっとした汚れならば気にしない、という方は多いでしょう。なにより襟の汚れは隠れやすいですから、なかなか目立つことはなく、気づいた時にはすごく汚れているものです。

とはいえ、普段から注意深く他人を観察している人からすれば、その襟汚れも簡単に見抜いてしまいます。細々としたところにも目配りができている人間だ、と見られるためにも、小さな襟汚れは早めに落とすよう心がけておきましょう。

関連記事

  1. 子ども服についた泥汚れの効果的な落とし方を伝授します

  2. コーヒー・ビール・ワインなどの飲み物じみは早急にクリーニングへ

  3. ダウンジャケットを長持ちさせながら清潔に保つ方法とは

  4. 衣類の置き場所に困ったら無料で保管してくれる宅配クリーニング

  5. お気に入りジーンズを傷ませず長持ちさせる方法を紹介します

  6. ピザやナポリタンは美味しいけれどケチャップがついてヤバいと思ったときの対処法

  7. 洗濯しても落ちないファンデーションのシミはいかに落とすが

  8. ありがちなジーンズにコーヒーをこぼした際の対処法

  9. 高級な着物にシミがついてしまった際の応急対処法

  10. かさばる羽毛布団を圧縮したいけれど本当のところはどうなのか

  11. カーペットにお漏らしされてしまったときの自宅で楽々対処法

  12. 油性マジック、プロはどうやって落としている?

  1. うっかりやってしまった油性マジックやボールペンのしみ抜きはでき…

    2019.11.06

  2. 自宅で行うスーツの正しい洗濯方法とは

    2019.10.23

  3. 汗かきの人必見の家でできるスーツの汗臭さ対策3選

    2019.10.09

  4. 東京都で各種調味料の汚れは宅配型クリーニング

    2019.10.07

  5. 名古屋でプロが提供する衣類の保管サービス

    2019.10.05

  1. 自宅で行うスーツの正しい洗濯方法とは

    2019.10.23

  2. お気に入りのTシャツを長持ちさせるコツ

    2019.09.11

  3. 宅配クリーニング【リナビス】の口コミ・評価

    2019.02.18

  4. 『カジタク』の保管付宅配クリーニング の口コミ・評価

    2019.02.17

  5. 宅配クリーニング「せんたく便」の口コミ・評価

    2019.02.05