東京・大阪・名古屋で人気の宅配クリーニングや保管クリーニング店はココ!料金,仕上り,早さの口コミ・評判まで各社の特徴やサービス内容をチェック!

料金は実店舗のクリーニング屋よりも安い場合もある

宅配クリーニングは宅配で集荷を行い、クリーニングを行った後に自宅まで配達してくれるサービスです。マスコミなどでも紹介され、ネットサイトから気軽に申し込めることで利用者も急激に伸びている実態があります。その魅力はクリーニング屋さんまで持参する必要もなく、営業時間内に取りに行かなくても済むので利便性が高いからです。しかも実店舗が存在しないため、維持経費がかからず、場合によっては街のクリーニング屋さんよりも格安で利用できる場合も存在します。例えばカッターシャツの場合、実店舗の持ち込みによるクリーニングの場合で350円かかるところ、宅配クリーニングでは250円に抑えられることもあり、格安な料金になります。これは一例で、スーツやセーターなどのジャンルによって異なっており、宅配の分だけ高そうなイメージもありますが、実店舗とそれほど変わらず、むしろ物によっては安かったりします。

宅配クリーニングの料金システムとは


宅配クリーニングの料金システムは、大きく分けて二つに分けることが可能です。まず「単品料金設定」と「パック料金設定」の二つであり、「単品料金設定」は衣類一点ごとに料金が決まっているシステムとなります。一方の「パック料金設定」は衣類をまとめた5点・10点で一つのパックとしてまとめた形で料金を設定するシステムです。もちろんクリーニングをする場合、衣類は毎日の様に着ることも多く、家族も多ければそれだけ点数も多くなるのが一般的となります。そのため「パック料金設定」の場合は、家族が多かったりする家庭で一回の量が多い方向きのシステムだということも可能です。単品料金設定は独身者や単身赴任のサラリーマン、家族が少ない家庭向きの料金システムとなります。

「単品料金設定」と「パック料金設定」のメリット・デメリット


二つの料金設定が存在しますが、当然、利用の仕方によってはそれぞれにはメリットやデメリットが存在するのも事実です。「単品料金設定」の場合は、単品での料金が高くない場合にお得感が存在するのでそれがメリットで、厚手のコートやジャケットの場合は割高になる点がデメリットです。「パック料金設定」では点数が多ければ多いほどお得感が増し、組み合わせを重視すると点数が多くてもお得感が生じやすくなるメリットが存在します。ただ組み合わせによっては、一点自体で割高な料金になるため、パックの良さを活かしきれないのがデメリットです。お得感を得るためには、クリーニングに出すための時期を検討する必要があり、使いづらい側面もあります。どちらの料金設定を利用するからによって、宅配クリーニングの料金相場も大きく変化してしまう特徴が存在します。

料金を比較検討する方法


クリーニング屋さんに依頼する場合には、街の店舗の様にスタッフと顔を見ながら依頼を行うのを好まれる方もおります。衣類の状態をスタッフが確認しながらその場で対応してくれるため、柔軟なサービスが展開される期待があるからです。一方では大手のクリーニング店では受付はバイトで任せるのが多いので、単にクリーニングを預かるだけの受付サービスとなります。そのため品質サービスも宅配とほぼ同じ品質になるため、遜色がないのであれば後は如何に安い店舗に依頼するかだけとなります。近年は比較サイトが登場しており、そこで宅配クリーニング各社を料金とサービス面での比較を行っています。つまりその業者に任せるかについては、それぞれの特徴を比較しやすくなっている実態があります。比較で重要なことは、何をクリーニングに出すか、どちらの料金システムとなりお得かを比較してみることが重要です。それによって大きく料金も違ってくることも多くなるので注意をする必要があります。ただ基本的にまとめてクリーニングを出した方がお得感が得られるのは事実です。しかし人の生活スタイルでは、毎日小刻みに出したいと考える方も多いため、出し方によっては料金相場も変化することに注意を要します。

宅配クリーニングでかかる費用の内訳


宅配クリーニングを利用する場合、宅配を利用するため、その送料がかかってしまうことを懸念する声が多いです。これについては、利用する金額に応じて無料とするサービスを手掛けていることが多くなります。例えば3,000円以上の利用で無料とするサービスも多く、会社によっては金額に関わらず無料としているケースも見られます。ただ無料の場合はパック制を導入していることもあり、まとまった点数からまとまった料金の支払いが前提となります。3,000円以上の利用で送料無料は、単品料金設定の場合で採用されることに注意します。また月額単位での会費を設けているケースも多く、クリーニングをしなくても必ず支払うべき基本料金があります。後はクリーニングの点数やパックごとの料金がかかる仕組みになっています。もちろん各社ごとに特典やポイント制を導入したりして、使えば使うほどお得なシステムが存在します。宅配クリーニングの選択では総合的な観点で料金を把握していくことが重要です。


以上の様に宅配クリーニングの料金相場は、「単品料金設定」か「パック料金設定」かの二つの料金システムにより異なってきます。
標準家庭世帯で利用する場合、送料の負担面を考慮すると一回当たり3,000円~10,000円の範囲内での利用がもっとも多く、その範囲が利用のための相場となります。

口コミ・批判・体験談

  1. 宅配クリーニング【リナビス】の口コミ・評価…
  2. 宅配クリーニング「プラスキューブ」の口コミ・評価…
  3. 「キレイねっとライン」の口コミ・評価…
  4. 宅配クリーニング「せんたく便」の口コミ・評価…
  5. 『カジタク』の保管付宅配クリーニング の口コミ・評価…
  6. Lenet(リネット)の口コミ・評判…
  7. 宅配クリーニング【ネクシー】の口コミ・評価…


・6カ月保管無料
・送料無料
・10点:10.800円
・20点:18.800円


・最長9カ月保管
・往復送料無料
・15点:12.000円
・10点:9.800円


・送料無料
・往復送料無料
・納期最短2日後
・コート1,900円~

口コミ・批判・体験談

  1. リナビス

    宅配クリーニング【リナビス】の口コミ・評価
  2. カジタク

    『カジタク』の保管付宅配クリーニング の口コミ・評価
  3. せんたく便

    宅配クリーニング「せんたく便」の口コミ・評価
  4. ネクシー

    宅配クリーニング【ネクシー】の口コミ・評価
  5. プラスキューブ

    宅配クリーニング「プラスキューブ」の口コミ・評価
  6. リネット

    Lenet(リネット)の口コミ・評判

新着情報

宅配ふとんクリーニング

  1. 寝具・シーツ・布団

    アレルギー原因でもっとも多いのは布団かも
  2. 使える小技

    シーツや毛布などの寝具に血液がついてしまったときの落とし方
  3. クリーニングについて

    布団の乾燥方法はいろいろあるけれどどこまで求めるか
  4. 寝具・シーツ・布団

    お布団をふわふわにできる安心の宅配クリーニング
PAGE TOP