宅配クリーニングを大量に出すと高くなるのか?

クリーニングは、店舗まで持って行くのがとにかく面倒で重いという理由で、敬遠されていたのも事実でしょう。車がなければ徒歩か自転車などになりますが、近くに良い店舗があるとは限りません。

そんな中、送料無料で自宅まで集荷に来てくれて、仕上がったら配達してくれたり倉庫に預かってくれたりするサービスが登場して、一気に人気になりました。

新人社会人の一人暮らしや、子育てや介護をしているご家庭、高齢者など、実に幅広く需要があります。
衣類の長期保管サービスなどは、狭い部屋で収納スペースも限られている都市部では、特に利便性が高いでしょう。保管可能期間は数か月で、突然必要になっても送料無料で届けてくれるサービスもあります。

また、宅配であれば寝具や布団も簡単にクリーニングに出すことができます。
こんなにも便利な宅配クリーニングですが、気になるのはやはり値段でしょう。出すとなれば1着や2着では収まらないのが普通ですから、大量に出すとなるとコストが心配なのは当然です。

宅配クリーニングの値段相場は


現在宅配クリーニングを行っている業者は多く、料金設定も各社バラバラです。
インターネットでざっと調べられる範疇ですが、相場はスーツ上下で1,500~3,000円程度と差も見られます。

シャツならシャツ、ズボンならズボンと、
衣類1点の相場としては、低いところでは500円程度からの設定もありますが、これも衣服のデザインや素材によって大きく変わります
かなり細かい料金設定をしている業者もあり、飾りがついたものや毛皮や皮革製品などはかなり高くなるのが一般的です。

ただし、ドライクリーニングではなく水洗いのいわゆる洗濯なら、1点300円程度が相場です。
基本の他にオプション料金などもあり、例えば撥水加工などがあれば5~10%増の追加料金などがかかる場合がほとんどです。何か専門的な処置が必要な場合、職人の手間がかかる場合に加算されると考えれば良いでしょう。

お得なコースの用意もある


やはり便利なだけにそれなりの値段はかかりますが、それでは大量に出すのは難しくなってしまいます。
そこで、各社ともさまざまな工夫をした結果、お得な利用法を提供するために生み出されたのがコース料金です。

こちらは、点数をまとめることで1点あたりの料金が割安になるという設定です。料金はマチマチですが、例えばバラで5点頼むと8,000~9,000円かかる相場のところが、コースだと4,980円になるところなどもあります。さらにまとめて10点になると、10,000~12,000円の相場が6,980円というように、まとめればまとめるだけ安くなるというサービスもあります。

送料も無料ですし、これだけコストメリットがあれば大量に出したほうがずっとお得ということになるでしょう。

パック型なら何を含めてもいいので、10点なら10点の中にシャツでもスーツでもコートでも何でも入れて一律の料金になるのが魅力です。

冬物は値段が高くなりがちなので、コートもダウンジャケットもまとめて頼んでしまえば、バラよりもずっとお得にクリーニングできます。単価を考えれば、大量に頼めば高くなるどころか、安くなると言えるのです。

宅配クリーニングの価格の見方


これだけたくさんの宅配クリーニング店があると、やはり重要視したいのは価格です。
ただし、インターネットなどでYシャツ180円~となっていても、実際に180円になるかどうかはわかりません。
あくまでも~ですので、実際にかかる費用を想定して選ばなければいけません。定額でまとめられるコースやプランがあれば、安心して大量依頼ができるでしょう。
また、直接料金には関わらなくても、郵送に使う梱包バッグを自分で用意する必要などがあると、やはりそれもコストのうちになります。

技術や管理体制なども含めて判断する必要がありますし、万が一何かあった場合に再仕上げを無料で対応してくれるかどうか、返金に対応しているかどうかなども大切なポイントでしょう。

時は金なりですから、衣類が届いてから戻ってくるまでのスピードも気になるところです。
長期間の保管サービスがあるかどうかもチェックポイントですし、手元に使わない衣類を置かなくて済むなら、それは大きなコストメリットになります。これらの要素をすべて判断して、最適なクリーニング店を選びたいですね。


宅配クリーニングは、バラバラに大量に出せば、当然高くなります。
でもまとめて出すことができれば、逆に安くなるコースやパックが用意されている場合もあります。

つまり、宅配クリーニングは計画的に利用することで、大量に出しても値段が上がるどころかずっと割安に利用することもできるわけです。5点や10点などの一律の設定がありますので、上手に組み合わせて割安価格を実現しましょう。

関連記事

  1. コートを長持ちさせるには何回洗濯をする?どのように手入れをする?

  2. デリケートなリネン素材についたシミ抜き必殺技

  3. 宅配クリーニングが初めての方に安心できる基本知識をご紹介

  4. 布団の乾燥方法はいろいろあるけれどどこまで求めるか

  5. ご家庭での洗濯とクリーニングの方法は違います

  6. 着っぱなしはNGの革ジャンにマストなメンテナンス

  7. プロのクリーニングにはこだわりの技術がある

  8. クリーニングに出したはずの衣類に残る匂いに有効な対策とは

  9. 頑固な袖の黒ずみ汚れに苦心している方必見

  10. ダウンの表面が虫に食われることがある?大切なダウンを虫食いから守ろう

  11. 靴の臭いまでとれる臭いハラスメント対策にもなるクリーニングで消臭を

  12. 来年の冬も着たいダウンコートを収納する前にしておきたいこと

  1. お料理中に油がはねて洋服やエプロンについてしまったらどうすべき?

    2019.11.20

  2. うっかりやってしまった油性マジックやボールペンのしみ抜きはでき…

    2019.11.06

  3. 自宅で行うスーツの正しい洗濯方法とは

    2019.10.23

  4. 汗かきの人必見の家でできるスーツの汗臭さ対策3選

    2019.10.09

  5. 東京都で各種調味料の汚れは宅配型クリーニング

    2019.10.07

  1. 自宅で行うスーツの正しい洗濯方法とは

    2019.10.23

  2. お気に入りのTシャツを長持ちさせるコツ

    2019.09.11

  3. 宅配クリーニング【リナビス】の口コミ・評価

    2019.02.18

  4. 『カジタク』の保管付宅配クリーニング の口コミ・評価

    2019.02.17

  5. 宅配クリーニング「せんたく便」の口コミ・評価

    2019.02.05