東京・大阪・名古屋で人気の宅配クリーニングや保管クリーニング店はココ!料金,仕上り,早さの口コミ・評判まで各社の特徴やサービス内容をチェック!

  1. 使える小技
  2. 52 view

水や雨もシミの原因になる水シミの有効な対策方法

シミになる原因は主に食べこぼしや、ファンデーションや口紅など、色のついた油性のものが衣類についたときにできるものが多いでしょう。

その中で無色透明のはずの水がついた場合でも、衣類のシミになってしまうことがあります。
それが水シミと言われているもので、多くは水や雨にあたってしまうと水シミができやすくなってしまいます。

衣類の中でもシルクや糸、レーヨンにリヨセルといった繊維は特に水シミができやすいので、雨の日の外出に着用する場合は注意が必要です。

しかし、なぜ水や雨が当たるだけで水シミができてしまうのでしょうか。そのメカニズムと有効な対策についてまとめてみました。

水シミが生じる原因

水シミは、衣類に水や雨が当たることで色がつくわけではありません。
それなのにシミがついたように見えるのは、繊維の表面に水がついたために生地の見た目が変化してしまい、結果としてシミのように見えるからなのです。生地に用いられている繊維は、一定方向に毛並みが揃っている状態を保っています。

ところが水や雨に触れてしまうと、一定方向にきちんと揃っていた毛並みが乱れてしまうのです。
繊維は水分を含むと膨らんでしまい、揃っていた繊維の長さが短くなったり、ときにはうねったりしてしまいます。

そのため濡れた部分の生地だけに変化が生じ、そこに光が当たると光反射や光の屈折の加減でシミに見えてしまうのです。
これはウオータースポットと呼ばれる現象で、レーヨンやシルクに水がかかるとよく生じます。

また、雨の成分は純粋な水ではなく、大気中の排気ガスや空気中にただようアスファルトなどの塵や埃も含んでいます。雨に当たると水シミだけでなく、これらの要因によって実際に色のついたシミになることもあります。

水シミに弱い素材を知っておく

前述したように衣類にできる水シミは、できやすい素材とできにくい素材があります。
特にシルクや糸、毛にレーヨンは水に弱いので注意が必要です。その他にもポリノジックやキュプラ、リヨセルにポリエステルなども弱く、ポリエステルは新合繊タイプのものも対象となります。

この中で最も水シミができやすく、水に弱い素材がシルクとレーヨンです。
しかしながら衣類に一番多く使われている素材がレーヨンですので、どんな洋服も水シミができてしまう可能性を秘めていると言えるでしょう。

そのためにもお気に入りの洋服の素材に何が使われているかをきちんとチェックしておき、天気が悪い日や雨が降りそうなときは避けるようにするのが賢明です。また仕事の内容によっては、水を使用することもあるでしょう。

特に水仕事の多い人や水を使う日には、水に弱い素材のものを選ばないことが大切になってきます。

家庭でできる水シミの対策方法

水シミを作らないためには、水に弱い素材の衣類が水に当たらないようにするのが一番ですが、なかなか難しい面もあると思われます。

そこで家庭でも手軽にできる水シミ対策として、撥水加工スプレーの使用がおすすめです。
まず実際に使用する際には、撥水加工スプレーの使用上の注意をきちんと確認してから使いましょう。

それから撥水加工スプレーの効果は、永久的に持続するものではないことを理解しておくことも重要になります。
そのため、水シミができることを防ぐためには、こまめに撥水加工スプレーを施すことが大切です。撥水加工スプレーをしていても、雨の降り方によっては力が及ばないことも考えられます。

そんな場合に備えて、雨の日の外出時はレインコートの着用がおすすめです。
最近では薄型でも雨に強いレインコートがあり、デザインもおしゃれなものがありますので、水シミを防ぎながら雨の日のおしゃれアイテムとしての利用もできます。
家庭での撥水加工がどうしても難しい場合には、撥水加工を行ってくれるクリーニング店でプロに撥水してもらうという方法もあります。

すぐにできる応急処置

もしも水に濡れてしまったときは、応急処置としてすぐに水分を拭き取っておきましょう。
ただし強くこすってしまうと繊維を傷めてしまい、かえってダメージを与えて繊維の乱れによるシミをつくることになります。

水分を拭き取るときは、できるだけ優しく押さえるようにして行いましょう。
柔らかいハンカチやティッシュペーパーなどで、そっと拭き取るようにするのがコツです。また水シミができてしまった場合でも、水洗いが可能な衣類なら家庭で水洗いすることができますので、洗濯表示を確認してみてください。

なぜ水シミができるのか分からないままだと、大切な洋服を守ることは難しいですが、発生原因が分かりさえすれば対策を立てることも容易になります。

日常生活の中には水シミをつくる原因となる場面がいくつもありますので、早めの対策と予防措置を取っておきたいものです。

そしてひどい水シミができた場合は、家庭で処置するとかえって状態が悪化することもありますので、クリーニング店を利用する方が良いでしょう。

使える小技の最近記事

  1. 高級な着物にシミがついてしまった際の応急対処法

  2. クリーニングに出したはずの衣類に残る匂いに有効な対策とは

  3. 油性マジックなどのインクのシミを除去するにはあのアイテムが効果を発揮!

  4. 靴下の寿命が洗濯の方法で変わるとしたら

  5. 衣替え前に要注意!ダニ対策をしっかりして仕舞おう

関連記事


・6カ月保管無料
・送料無料
・10点:10.800円
・20点:18.800円


・最長9カ月保管
・往復送料無料
・15点:12.000円
・10点:9.800円


・送料無料
・往復送料無料
・納期最短2日後
・コート1,900円~

口コミ・批判・体験談

  1. リナビス

    宅配クリーニング【リナビス】の口コミ・評価
  2. カジタク

    『カジタク』の保管付宅配クリーニング の口コミ・評価
  3. せんたく便

    宅配クリーニング「せんたく便」の口コミ・評価
  4. ネクシー

    宅配クリーニング【ネクシー】の口コミ・評価
  5. プラスキューブ

    宅配クリーニング「プラスキューブ」の口コミ・評価
  6. リネット

    Lenet(リネット)の口コミ・評判

新着情報

宅配ふとんクリーニング

  1. 保管クリーニング

    赤ちゃんのおねしょ布団は宅配クリーニング業者に任せましょう
  2. 寝具・シーツ・布団

    毛布などのかさばるものは宅配クリーニングがおすすめです
  3. 使える小技

    かさばる羽毛布団を圧縮したいけれど本当のところはどうなのか
  4. 寝具・シーツ・布団

    アレルギー原因でもっとも多いのは布団かも
PAGE TOP