東京・大阪・名古屋で人気の宅配クリーニングや保管クリーニング店はココ!料金,仕上り,早さの口コミ・評判まで各社の特徴やサービス内容をチェック!

  1. スーツ・ジャケット
  2. 19 view

汗で汚れたスーツは水洗いがおすすめです

毎日スーツでお仕事をされている方であれば、スーツのクリーニングは月に一度がベストです。
通常はドライクリーニングを行いますが、夏場などは汗をかくことが多いため、ドライクリーニングでは汗汚れを完全に落とし切ることはできません。皮脂汚れには強いドライクリーニングですが、汗の汚れには水で洗うのが最適なクリーニング方法です。

宅配クリーニング業者は、オプションになるものの、ウエットクリーニングという汗抜き加工というクリーニングを行っています。

自宅で水洗いをすると縮んでしまい、ダメになってしまうことが多いスーツですが、宅配クリーニング業者のクリーニング技術であればしっかりと汚れと皮脂の両方を落とし、キレイに形を整えて自宅に届けてくれます。

夏場であれば、水洗いも含めてスーツを洗うクリーニング方法を選択することによって、よりいっそう清潔なスーツを着用できます。宅配クリーニング業者のオプションは豊富なので、気軽に尋ねてみるのがベストです。

仕事着はスーツという人にこそおすすめです


毎日の仕事は必ずスーツ着用という人であれば、何着かお持ちのことと思います。スーツは毎日洗濯するものではありませんが、昨今、洗えるスーツが人気を博していることを考えると、スーツを洗いたいと思っている人はかなり多いということです。

何着かのスーツを交換で着用されている場合は、そろそろ洗いたいという数着を宅配クリーニングに出されるのがおすすめです。当サイトでご紹介させていただく業者では、スーツを宅配でお預かりし、キレイにしたのちにまた自宅へお届けしてくれます。

ご希望であればコンビニ受け取りも可能ですので、お好きな方をお選びいただけるのもメリットです。
数着をうまく着まわして、クリーニングに出されるタイミングをはかられることによって、常に清潔なスーツを着ていただくことが可能になります。

はた目にも、こまめにクリーニングに出されているスーツと、そうでないヨレヨレのスーツは一目で分かりますので、宅配クリーニングを上手に利用いただくのがおすすめです。

スーツはクリーニングをおすすめします


仕事で使うスーツを何着かもっているときに、手入れがされていない状態だと、臭いやシミが目立ってくることがあるため、クリーニングでプロの技でキレイにしてもらうことも大切です。

スーツは定期的にクリーニングをする方も多く、普段からクリーニング店を利用する方もたくさんいます。
当サイトでご紹介させていただく業者の宅配クリーニングなら、わざわざお店まで行かなくても、自宅にいるだけでクリーニングを済ませることができるメリットがあります。宅配便で衣類を回収し、クリーニング完了後は配達することができます。

丁寧な仕事で迅速対応に準備を進めていくため、仕事で使うスーツの納期の早さに満足いただけている利用者も多いです。
季節によってスーツを使い分けるときに、しばらく使わないスーツは宅配クリーニング業者の長期保管サービスをぜひ利用してみてください。スーツを自宅で管理するのではなく、クリーニングの専門スタッフが管理することで、次のシーズンも気持ちよく着られるように、しっかりと管理してくれます。

スーツ・ジャケットの最近記事

  1. 汗で汚れたスーツは水洗いがおすすめです

  2. スーツがテカるのは何故?テカりをセルフケアするには?

  3. 大事なスーツは宅配クリーニング業者にクリーニングをお願いしましょう

関連記事


・6カ月保管無料
・送料無料
・10点:10.800円
・20点:18.800円


・最長9カ月保管
・往復送料無料
・15点:12.000円
・10点:9.800円


・送料無料
・往復送料無料
・納期最短2日後
・コート1,900円~

口コミ・批判・体験談

  1. リナビス

    宅配クリーニング【リナビス】の口コミ・評価
  2. カジタク

    『カジタク』の保管付宅配クリーニング の口コミ・評価
  3. せんたく便

    宅配クリーニング「せんたく便」の口コミ・評価
  4. ネクシー

    宅配クリーニング【ネクシー】の口コミ・評価
  5. プラスキューブ

    宅配クリーニング「プラスキューブ」の口コミ・評価
  6. リネット

    Lenet(リネット)の口コミ・評判

新着情報

宅配ふとんクリーニング

  1. 保管クリーニング

    赤ちゃんのおねしょ布団は宅配クリーニング業者に任せましょう
  2. BLOG

    毛布や布団のクリーニングと保管も任せてみましょう
  3. 使える小技

    かさばる羽毛布団を圧縮したいけれど本当のところはどうなのか
  4. クリーニングについて

    布団の乾燥方法はいろいろあるけれどどこまで求めるか
PAGE TOP