油性マジック、プロはどうやって落としている?

日本で販売されているマジックには二つの種類があります。一つは水性マジックで、これは水に溶けやすい性質の原料が使われています。
もう一つは油性マジックで、こちらは油でできているため水にはなかなか溶けません。どちらを頻繁に使っているかは人にもよるでしょうが、使っていて困ったことになった、という経験をしたことがある人が多いのは油性マジックの方ではないでしょうか。

油性マジックは一度書いたらなかなか落ちないため、重要な物事を書いたりするにはうってつけなのですが、特に服などに付くと厄介なことになります。
マジックの色と服の色が似通っているならまだしも、たとえば白地の服に黒のマジックが着いてしまったら目立つことこの上ありません。

なにより、ちょっとした洗濯程度ではマジックの汚れは落ちません。洗濯機ではダメだから手洗いしてみたけれど、それでも落ちなかった、ということを経験した人も多いでしょう。

また、子供を持つ親御さんとしては子供がマジックを雑に使ったせいでたくさんの服がダメになってしまった、ということもあるかもしれません。

今回はクリーニングのプロなどが使っているテクニックを知った上で、一般人でも油性マジックの汚れを落とせるような方法を伝授していきます。

油性マジックの汚れが落ちない理由


解決法を探る前に一つ気になることがあります。
それはなぜ水性だと落ちて、油性だとこびりついてしまうのか、ということです。

物事の性質をしっかりと知ることは解決の糸口となりえます。
まずは油性マジックが何でできているかを探りましょう

どんな原料を使っているかはペンのメーカーによって違うのですが、基本的に油性マジックには揮発性有機溶剤というものが使われています。
これは水に溶けにくい性質を持った原料でして、このせいで油性マジックはなかなか落ちにくいようになっているのです。また、油性マジックには定着剤というものも使われています。

そもそも油性マジックをなぜ使うのかといえば、マジックで書いた文字などを落ちないようにするためです。
ちょっとやそっとのことでは落ちないようにするために、布や板などに定着するための材料が使われているのです。さて、おおよその糸口は見えてきました。

どうやらこの揮発性有機溶剤と、定着剤をどうにかできれば油性マジックによる汚れも落とすことができるようです。では、どのような方法を使えばいいのでしょう?

洗い方次第で油性マジックは落ちる?


まず油性マジックを落とすための洗剤を紹介しましょう。これについては一般的な洗濯用洗剤で落ちることはほぼありません。といっても業者が使うような専用洗剤を使う必要はなく、市販されているエタノールを使うだけで十分です。

揮発性有機溶剤は水には溶けませんが、エタノールのようなアルコールと混ざると分解しやすくなります。また、除光液を使ってみてもいいでしょう。除光液は女性にとってもなじみ深いネイルアートを落とすための製品にも使われています。

次に気を付けたいのは洗い方です。一般的にこびりついた汚れは服をこすり合わせることによって落ちる、とされているのですが、油性マジックに関しては当てはまりません。
むしろ分解された原料が繊維中を広がって、かえって汚れが目立たせてしまいかねませんので注意しましょう。

では、どうすればいいかというと、汚れを布などでポンポンと叩くことが大切です。
使い古したタオルなどにエタノールをまぶし、汚れをそのタオルに移すイメージで洗濯していけば、汚れは目立ちにくくなります。

それでもだめだった時の裏技⁉


中には上記の方法を用いても落ちない汚れもあるかもしれません。そういう時は奥の手としてミカンやグレープフルーツのような柑橘類の皮を使ってみましょう。

最近の食器用洗剤には柑橘類に含まれている成分を混ぜ込んだものがありますが、あれもひとえに油を落としやすくするためです。柑橘類の皮を絞って水分を押し出し、それを先程紹介したのと同じ要領で叩くように汚れを落としていきましょう。

もっとも、この方法はいくらかリスクも含んでいます。ミカンの皮をむいた手が黄色くなることがありますが、あれと同じように服も黄ばんでしまう恐れがあるからです。この方法を採る場合は服をダメにしても仕方ない、という覚悟で臨むといいでしょう。

プロのクリーニング屋さんでも、油性マジックの汚れを落とすのは相当な苦労を必要としています。我々一般人としても極力油性マジックを服などにこびりつかせないよう、細心の注意を持って臨む必要がありそうです。

今回紹介した方法は、あくまでもしもの時に備えて覚えておくべきものであって、油性マジックを雑に扱ってもいいと推奨するものではありません。油性マジックを用いる際は、極力汚れてもいいような服装を着ておくのが一番でしょう。

関連記事

  1. 子ども服についた泥汚れの効果的な落とし方を伝授します

  2. 衣類についてしまったサビはどう落とす?クリーニング前に自己解決法

  3. 涼しいけれどシワになりやすく傷みやすい麻ジャケットのお手入れ法とは

  4. お気に入りのスーツを長持ちさせる丸秘テクニック

  5. 衣類の置き場所に困ったら無料で保管してくれる宅配クリーニング

  6. ワイシャツの襟汚れを落としてできるビジネスマンに見られよう!

  7. カーペットにマニキュアをこぼしたときはどうしたらいいのか

  8. ダウンジャケットを長持ちさせながら清潔に保つ方法とは

  9. ありがちなジーンズにコーヒーをこぼした際の対処法

  10. うっかりやってしまった油性マジックやボールペンのしみ抜きはできるのか

  11. カーペットにお漏らしされてしまったときの自宅で楽々対処法

  12. 落ちないカレーのシミをどうやって落とす?

  1. うっかりやってしまった油性マジックやボールペンのしみ抜きはでき…

    2019.11.06

  2. 自宅で行うスーツの正しい洗濯方法とは

    2019.10.23

  3. 汗かきの人必見の家でできるスーツの汗臭さ対策3選

    2019.10.09

  4. 東京都で各種調味料の汚れは宅配型クリーニング

    2019.10.07

  5. 名古屋でプロが提供する衣類の保管サービス

    2019.10.05

  1. 自宅で行うスーツの正しい洗濯方法とは

    2019.10.23

  2. お気に入りのTシャツを長持ちさせるコツ

    2019.09.11

  3. 宅配クリーニング【リナビス】の口コミ・評価

    2019.02.18

  4. 『カジタク』の保管付宅配クリーニング の口コミ・評価

    2019.02.17

  5. 宅配クリーニング「せんたく便」の口コミ・評価

    2019.02.05