油性マジックなどのインクのシミを除去するにはあのアイテムが効果を発揮!

マジックやボールペン、万年筆などの油性インクを使っているとき、知らないうちに気づいたら服が汚れていたということはありませんか。

職場での事務仕事をはじめ、自宅で書き物をしているときなどに、うっかりやりがちなことです。子供の頃から水性ならどうにかなるけれど、油性は落ちないと注意喚起をされてきた方も多いと思いますが、確かに油性のインクは困りものです。

水と油というのは相性が悪いので、油性の汚れやシミはすぐに水洗いしたところで薄くなりません。

油性には油性の汚れを落とせるアイテムを活用

油性の汚れは水洗いでは対処できないため、油性の汚れを落とせるアイテムが効果を発揮します。
ご家庭にあるものでいえば、おすすめなのがファンデーションや口紅など油分を含むメイク汚れが落とせるクレンジングオイルや、マニキュアを落とす除光液です。

特に女性の方なら、多くの方が持っているアイテムなので、お子様がマジックなどで服を汚してきたときをはじめ、ご主人がスーツやシャツなどにインク汚れをつけてしまったときも試みてみましょう。

クレンジングオイルをどうやって使うのか

まずはシミがついた部分の下にタオルをあてがい、クレンジングオイルを歯ブラシや綿棒につけて、汚れた部分をトントンと叩いていきましょう。クレンジングオイルがメイク汚れを浮き立たせるのと同じように、インクの汚れを浮き立たせてくれます。

汚れがクレンジングオイルになじんでクレンジングオイルが汚くなったら、ぬるま湯で洗い流しましょう。冷たい水には油性のものを固まらせてしまう作用があるため、油性の汚れを落とすにはぬるま湯がおすすめです。

なお、熱湯では生地を傷めてしまううえ、ご自身もやけどのおそれがあるので、汚れ落ちの効果も高いぬるま湯を使うようにしましょう。生地の表面からクレンジングオイル特有のぬめりが落ちた感覚になるまで、ゆすげば完了です。

除光液の活用法

除光液は成分も強いので、落とす生地の耐性を検討してから使うことが求められます。まず、生地の素材がアセテートやトリアセテートなどの半合成繊維の場合は、除光液によって生地が溶けて傷んでしまうため避けるのがベストです。

また、生地の性質や色によっては、色落ちをしてしまう可能性もあるため、どうしても除光液で落としたいという場合は衣類の目立たない部分などでテストをしてみるのがおすすめです。タオルに除光液を染み込ませて、テストする部分につけて軽く叩いたときにタオルに衣類の色がついてしまった場合は色落ちのリスクがあります。

大切な衣類の場合には除光液による、シミ抜きはNGということになります。
一方、色落ちがしないようなら、除光液を使ってインクがついた部分にとりかかりましょう。必要なアイテムは除光液ときれいな白いタオル2枚です。
シミがついた生地の下にタオルを1枚あてがい、もう1枚のタオルの先端に除光液をつけてシミの部分をトントンと叩きます。上手くいけば、インクが除光液によって吸い取られるように落ちていきます。

もしくは、タオルの代わりに歯ブラシを使って除光液を叩くようになじませるという方法もとれます。シミが取れたら、除光液を含んで洗濯洗剤を使って洗い流しましょう。

大切な衣類はドライクリーニングで

お気に入りの服や高価な衣類などにインクをつけてしまったという場合には、自分で頑張らずにクリーニング店に相談するのがベストです。
クレンジングオイルや除光液を持っていないという男性をはじめ、除光液でうっかり生地を傷めてしまいそうな方や色落ちをさせたくない方も、最初からクリーニング店に相談すると良いでしょう。
ドライクリーニングという技術は水の代わりに石油系溶剤やパークロロエチレンなどの揮発性有機溶剤を用いて汚れを取り去る技術です。

油性インクの汚れは水とは相性が悪いといいましたが、ドライクリーニングでは水洗いはせず、油汚れと相性の良い石油系などの成分で洗うので、汚れが落ちやすいのです。

もちろん、インクの種類や付着してから時間が経過しているものなど落ちにくいケースもありますが、プロに相談することで素人が行うよりスムーズにシミが取れ、薄くなることが期待できます。

来店や引取りのスタッフの方と直接対面で依頼する場合には、シミの場所やインクがついたということを説明して、シミ抜きを依頼しましょう。宅配クリーニングで非対面の場合にはメモをつけたり、シミの部分にわかりやすく糸をくくったりしておくとスムーズです。

マジックやボールペンなどの油性インクのシミは、水洗いでは落とせません。ご家庭での対処法としては油分を含むメイクが落とせるクレンジングオイルか除光液がおすすめです。もっとも、除光液は生地によってはリスクがあるため、大切な衣類の場合にはドライクリーニングがベストです。

関連記事

  1. 注意しても付いてしまうカラーリング剤のシミを落とす方法とは

  2. これを知っていれば安心!紅茶のシミ抜きが家庭でもできます

  3. ありがちなジーンズにコーヒーをこぼした際の対処法

  4. 意外に落ちにくい肉汁のシミを抜くにはどうすれば良い?

  5. 衣替え前に要注意!ダニ対策をしっかりして仕舞おう

  6. 衣類についてしまったサビはどう落とす?クリーニング前に自己解決法

  7. 洗濯しても落ちないファンデーションのシミはいかに落とすが

  8. 焦らないように知っておきたい口紅のシミ抜き方法とは

  9. 高級な着物にシミがついてしまった際の応急対処法

  10. 衣類に黄ばみとなって残りやすい汗や血液をきれいにするには

  11. 衣類の置き場所に困ったら無料で保管してくれる宅配クリーニング

  12. かさばる羽毛布団を圧縮したいけれど本当のところはどうなのか

  1. 東京都の宅配クリーニングでダニ退治

    2019.09.17

  2. 神奈川県で宅配クリーニングを利用して物持ちを良くしよう

    2019.09.14

  3. お気に入りのTシャツを長持ちさせるコツ

    2019.09.11

  4. 東京都で思わぬ飛び跳ねや食べこぼしでシミが付いたときは急いでク…

    2019.09.09

  5. 奈良県で自宅の押入れやクローゼット替わりにも活用できる嬉しい宅…

    2019.09.07

  1. お気に入りのTシャツを長持ちさせるコツ

    2019.09.11

  2. 宅配クリーニング【リナビス】の口コミ・評価

    2019.02.18

  3. 『カジタク』の保管付宅配クリーニング の口コミ・評価

    2019.02.17

  4. 宅配クリーニング「せんたく便」の口コミ・評価

    2019.02.05

  5. 宅配クリーニング【ネクシー】の口コミ・評価

    2019.02.05