自宅で行うスーツの正しい洗濯方法とは

スーツをきれいにするにはクリーニングに出すしかないというのが、これまでの考え方でしたが、女性もスーツを着て仕事をする機会が増えたことから、女性を中心に自宅でスーツを洗いたいというニーズが増えてきました。

そのため、洗濯機で洗えるスーツというのがつくられるようになり、今ではたくさんのアパレルメーカーから販売されています。ただし、洗えるスーツだとしても、長持ちさせるためには正しい洗濯方法を知っていることが重要となります。

そこで、自宅でスーツを洗濯する場合の、正しい洗濯方法をまとめてみました。

まずは確認しよう

自宅で丸洗いできるスーツを買った場合は、まず大丈夫でしょうが、それでも洗う前にはお洗濯表示のタグを確認することが大事です。初めてスーツを洗う場合は特に、しっかりとお洗濯タグを見る必要があります。

どこを見るかと良いますと、洗濯機や手洗いのマークがついているかどうかです。
丸洗いできることを確認して買ったスーツなら、どちらかのマークが当然ついていますが、これまでクリーニングに出していたというスーツにも、もしかすると洗えるマークがついているかもしれません。

もしついていたら、これからは自宅で洗えるので、クリーニング代を浮かせることができます。
残念ながらついていない場合は、保証できないことから水洗いはやめてクリーニングに出しましょう。

さらに、ほつれや穴があいていないかをチェックします。もしほつれたり、穴があいたりしていると、洗うことによってさらにダメージが広がってしまうからです。もちろん、ポケットに何も入っていないことや色落ちしないかどうかの確認も必要です。

すべて確認して洗えるとなったら

洗濯タグには洗濯機の表示があり、家で洗えることがわかったら、さらに洗濯タグをよく見ます。

ネット使用と書かれていたら、ネットに入れて洗う必要があるからです。また、脱水を弱くするようにという指示や、陰干しをするようにという指示もあります。

さらに、洗いあがったスーツにアイロンを当てるときの温度と、当て布をすべしといったことも書かれていますので、これらをすべて守ることによって、自宅で正しく洗濯することができることを理解しましょう。

ただ洗えるスーツというだけで購入してしまうと、普通に他のものと洗ったら縮んでしまった、色落ちしてしまったといったことになりかねません。

できれば手洗いが良い

タグには洗濯機のマークがついており、おしゃれ着洗いモードで優しく洗えるという場合でも、できれば手洗いをするのがおすすめです。

優しくていねいに洗うことが、長持ちさせる最大の秘訣だからです。

洗うときは、必ずおしゃれ着洗い専用の中性洗剤を使います。広い洗面ボウルを備えた洗面化粧台があればベストですが、なければ大きめの洗濯桶を用意しましょう。

まず、スーツはボタンを全部とめ、二つ折りか三つ折り程度にふわっと畳みます。洗面台か洗濯桶に水をため、洗濯洗剤を入れてしっかり溶かしたら、ここに折りたたんだスーツをそっと入れ、優しく押し洗いします。何度か押し洗いをしたら、10~15分ほどつけ置きします。

その後、ひっくり返してまた同じ要領で押し洗いをしてまたつけ置きしましょう。これで両面がきれいになります。

すすぎも優しくが基本

洗面化粧台で洗っている場合なら、シャワーを出してまた押し洗いするようにすすいでいきます。

裏表を変えながらすすぎますが、このときも優しく扱うことが大事です。洗濯桶の場合は何度か水をかえてすすぎ、泡が出なくなったら完了です。ただ、このままではなかなか乾きませんので、洗濯機に入れ、1分間だけ脱水を行います。

これで水が滴る状態ではなくなりますが、まだかなり濡れています。けれど、脱水をしっかり掛けるとシワが寄りますので、まだかなり水分が残っているという状態で物干しやベランダなどに干しましょう。

干すときの注意点

水を吸っていて重いうえに、もともとスーツ自体にある程度重さがあるので、厚みのあるハンガーで干すのが絶対条件です。風通しの良いところで陰干しが原則で、ハンガーに掛けたら軽く叩いてシワを伸ばしておくと、重みがあることからシワが伸びてきれいに乾きます。

上着を干すときは、肩の部分にタオルを入れておくと早く乾きますが、濡れてきたタオルは早めに取り換えないと、逆にいつまでも乾かないので注意しましょう。シワが伸びるように乾かすとしても、乾いたらシワはついていますので、タグにしたがってアイロンをかけたら、出来上がりです。

家で洗えるタイプのスーツなら、手間はかかるものの休日に行うことでクリーニング代を節約することができます。お気に入りの洗剤を使うなどして楽しい気分で取り組むのが良いでしょう。きっと満足感や達成感を得て、きれいになったスーツに袖を通し、さっそうと仕事に行けます。

関連記事

  1. スーツがテカるのは何故?テカりをセルフケアするには?

  2. 大事なスーツは宅配クリーニング業者にクリーニングをお願いしましょう

  3. 汗で汚れたスーツは水洗いがおすすめです

  4. ビジネスマンの必需品スーツやYシャツにネクタイの汚れはクリーニングにお任せ

  5. 汗かきの人必見の家でできるスーツの汗臭さ対策3選

  6. 涼しいけれどシワになりやすく傷みやすい麻ジャケットのお手入れ法とは

  7. 黄ばみにつながる夏の汗シミの有効対策

  1. うっかりやってしまった油性マジックやボールペンのしみ抜きはでき…

    2019.11.06

  2. 自宅で行うスーツの正しい洗濯方法とは

    2019.10.23

  3. 汗かきの人必見の家でできるスーツの汗臭さ対策3選

    2019.10.09

  4. 東京都で各種調味料の汚れは宅配型クリーニング

    2019.10.07

  5. 名古屋でプロが提供する衣類の保管サービス

    2019.10.05

  1. 自宅で行うスーツの正しい洗濯方法とは

    2019.10.23

  2. お気に入りのTシャツを長持ちさせるコツ

    2019.09.11

  3. 宅配クリーニング【リナビス】の口コミ・評価

    2019.02.18

  4. 『カジタク』の保管付宅配クリーニング の口コミ・評価

    2019.02.17

  5. 宅配クリーニング「せんたく便」の口コミ・評価

    2019.02.05